ブログの記事ネタを生む3ステップ【パターン化で量産可能】

ブログ記事ネタを生む3工程

「ハァ〜困ったブログに書く記事ネタがあらへん。あれも書いたし、これも書いたし…」

特にブログを始めたばかりの方って、ほぼ100%この壁にぶち当たります。

で、断言できるんですが、ないはずないです。

本記事を読めば、ブログの記事ネタの捻出方法がわかります。

約2ヶ月、毎日ブログを更新している私も、このパターンを使い始めてから頭を抱えることが少なくなりました。

ブログの記事ネタを生む3ステップ【パターン化で量産可能】

ブログの記事ネタを生む3工程【パターン化で量産可能】
記事ネタを生む3ステップ
  1. テーマを決める
  2. 「関連キーワード取得ツール」で関連語あぶり出し
  3. 「グーグルキーワードプランナー」でキーワード選定

順を追って見ていきます。

①テーマを決める

「そもそも、そのテーマが決まらない!」、という方にもオススメのテーマ産出法があります。

手順どおりにやってみてください。

  1. 一度、深呼吸する
  2. 周りをゆっくり見回す
  3. 身の回りでずっと使用している物やサービスをピックアップする

どうです?何か見つかりましたか?

  • 好きな本
  • 観葉植物
  • ジャケット
  • ゴルフバッグ
  • 野菜宅配サービス
  • コーヒーメーカー

ずっと一緒にいる物や、使っているサービスが見つかるハズです。

そういったものは愛着がありノーリサーチで書けることに加え、人にも勧めたいと心から思えるモノです。

私は今、コーヒーが目についたんで、これから例に出すテーマをコーヒーにしましょう!(実際、大好き!1日10杯(^_^;))

②関連キーワード取得ツール

多くのブロガーが使っているツールですね。

関連キーワード取得ツールは、実際に検索された「コーヒー 〇〇」の〇〇部分を網羅的に知ることができます。

「コーヒー」と検索窓に打ち込みます。

ズラリと検索された「コーヒー」の関連語が出てきますが、上部の小窓「全キーワードリスト」にだけ注目します。

この「全キーワードリスト(重複除去)」をすべてコピーして、③のグーグルキーワードプランナーへ進みます。

③グーグルキーワードプランナー

グーグルキーワードプランナー(要登録)では、実際にどれぐらいそのワードが検索されているかを知ることができます。

「ツールと設定」からキーワードプランナーを開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」の→をクリックします。

出てきた「貼り付けてください」の枠に、先ほど関連キーワード取得ツールでコピーした全キーワードリストをペースト。

「開始する」を押すと、広告を掲載した場合の費用などが出てきますが、ここでは広告目的ではないのでスルー。

「過去の指標」をクリックします。

月間平均検索ボリュームが出てきます。(一度クリックすれば多い順に並び替えられます)

上のスクショを見てもらえばわかるんですが、無料だと「10万〜100万」とザックリした数字です(有料にすれば細かな数字まで出ます)。

マイルール的なものですが、キーワードを絞るため(=SEOのため)に大体「100〜1000」で競合性「低」のゾーンを狙って記事を書いています。

大切なことは、一覧を見て「読者の検索意図」を想像できるワードを選ぶこと。

例えば「コーヒー 筋トレ」で検索をかけた人は、何を知りたいのか。

この人が知りたいのは、コーヒーの作り方でも、おいしいコーヒーが飲める場所でもないですよね。

「コーヒーが筋トレに及ぼす影響を知りたい」んだと想像できます。

  • コーヒーを飲むことが筋トレに良いのか悪いのか
  • 筋トレに良い場合は、どこが良いのか
  • 筋トレに良い場合は、どのタイミングで飲めばいいのか
  • 筋トレに悪い場合は、どこが悪いのか
  • 筋トレに悪い場合は、飲むことすらやめた方がいいのか

こういうことを知りたくて検索をかけていると、想像できます。

このように検索者の「知りたい、解決したい」を想像できるワードを見つけたら、あとはキーワードに沿ってひたすら書くべしです。

以上がブログの記事ネタを生む3工程になります。

おさらいのため、もう一度手順をまとめておきます。

  1. テーマを決める
  2. 「関連キーワード取得ツール」で関連語あぶり出し
  3. 「グーグルキーワードプランナー」でキーワード選定

ブログの記事ネタを生む3工程【パターン化で量産可能!】:まとめ

ブログの記事ネタを生む3工程【パターン化で量産可能!】:まとめ

ちなみにですが、関連キーワード取得ツールの検索結果には「Yahoo!知恵袋」や「教えてGoo」も出てきます。

自分が悩みや相談に応じるつもりで見たら、これも十分なブログテーマになりますね。

今回はこの辺で👋

人気記事【2020年最新】アフィリエイトASPおすすめ7社【悩み無用】

人気記事【最新】Audible(オーディブル)おすすめ本30選【目に休息を】

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました