「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】

「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】
とち
とち

産経新聞社サンスポ記者として、Jリーグ、プロ野球、オリンピックなどを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在はWeb制作会社の代表の傍ら、ブロガーとしていろいろ書きながら生きてます。

空を見上げる人
上司と合わない…というか嫌い。もう限界なんですけど、どうしたらいいの?

こういった悩みを抱えながら仕事をされている方、多いでしょう。
僕も悩み、もがき、苦しんできた1人です。

下記の表はサラリーマンの仕事におけるストレス調査です。
実は『上司との人間関係』は4年連続トップ5入りしているサラリーマンのストレスの元凶なんです。

僕は現在、上司との人間関係から解放されましたが、我慢、我慢で

とち
とち

時間を無駄にしたー!!

という激しい後悔があります。
体調を崩してまでね…。

あなたの人生、時間を、限界がきてまで『嫌いな上司』に割くことはない。
こんな浪費はない(自戒)。

結論、逃げるが勝ちです。

※写真は厄介そうな上司風人物を使っていますが、もちろん記事とは無関係です。

「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】

「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】

「上司が嫌い」限界なら環境を変える

上司嫌いが限界にきたら、逃げるしかありません。
『逃げる』という表現に抵抗あるかもですが『環境を変える』しかないということです。

『上司ガチャ』で出てきたハズレ、付き合う必要は1ミリもないですよね。

  • 暴言を吐く
  • ネチネチ説教
  • とにかく偉そう
  • 人により態度が変わる
  • すべて自分の手柄にする
  • 人を褒めない、感謝しない

いろんな『嫌な上司』がいるでしょうが、根本的なストレスを断つ方法は『顔を合わさない』ほかありません。

嫌いな上司から「逃げる」以外の方法は?

「嫌いな上司」の対処法に、下記のような策を挙げる方もいます。

  • 「戦う」
  • 「無視する」
  • 「組合に駆け込む」
  • 「上司の上司に相談する」
  • 「同じ悩みを持つ同僚に相談する」

これらは根本的解決になりうるものじゃありません。

『戦う』『無視』などは、仕事の本質としてパワーの向けどころに問題があります。
長期化すれば、それこそ限界超えです。

『上司の上司に相談する』も、そもそもそんな上司の上司がいたら、上司はそんな上司にはなっていないでしょう。
※『上司』連発、すいませんm(__)m

『同じ悩みを持つ同僚に相談する』も、ただの愚痴に終わるのが関の山ですね。

「上司嫌い」が限界に来たとき:環境の変え方

「上司嫌い」が限界に来たとき:環境の変え方

限界→環境を変える①異動

では、どのように逃げる(環境を変える)のかー。

ちょっとの勇気は必要です。
逆に言うと、ちょっとの勇気で変わります。

現状を変えたいのなら行動するしかないです。

環境を変える具体策はこの2点。

  1. 異動
  2. 転職、独立

異動は2種類ですね。
上司を動かすか、自分が動くか。

「上司を動かす」の方がハードルが高く、無駄すぎるパワー消費ですので、自分の異動を働きかけましょう。
人事へGOです。

人事が聞く耳を持たない、動かないなら、そこはもう会社として機能していません。
見切りをつけた方がいいです。

僕のいた会社では早期退職の際に、対応していた人事部長自ら申し込むといったことがありました。
「ジ・エンド」と思いましたね…。

限界→環境を変える②転職・独立

次に転職・独立ですね。

スパッと縁が切れますね。
同業界で成功したら、見返すこともできるかもしれません。

僕は計3度退職の経験がありますが、不思議とどれも後悔がないんですよね。
動いた結果、だからですよね。

転職や独立するほど、自分には実績やスキルがない…

と言う方もいますが、果たしてそうでしょうか。

当ブログで何度か紹介させてもらってますが、好きなフレーズなのでまた使わせてもらいます。
ちきりんさんの著書「マーケット感覚を身につけよう」の一節です。

一流企業に10年以上も勤めながら「自分には市場で売れる特別な能力はなにもない。組織を離れたらやっていけない」と考える人がいます。
どんな分野でも10年働いたら「自分には売れるモノなど何もない」なんてことはありえません。もしそう感じるのだとしたら、その人に足りないのは「価値ある能力」ではなく、「価値ある能力に、気がつく能力」です。

「マーケット感覚を身につけよう」より

控えめに言っても、僕はプログラミングで人生が変わりました。

別にプログラミングである必然性はないですが、コロナの影響もあり、Web業界は活況なので転職を目指すなら個人的におすすめです。

今は転職保証付きのスクールとかあるんで、ほぼリスクなしで挑戦できたりします。
» 【無料あり】30代未経験で転職保証が付くプログラミングスクール3つを紹介します

上司に切り出せないなら

上司がイヤで辞めたいのに、その上司に辞めるなんて言えない。

上司に切り出せない方に、退職代行というサービスもあります。
退職代行はそのまんま、退職にまつわる手続きを代行してくれるサービスです。

退職代行は賛否あるサービスですが、辞められる意味で合理的なのは間違いありません。

「未練なんて微塵もない!」「もう上司の顔も見たくない!」という方は検討も選択肢でしょう。

自分で伝えて引き継ぎをしてが、まぁマナーといえばマナーですが、決まりではないんでね。
去り際は別にドライでもいいかなと思います。

退職代行3社
男の退職代行:29,800円(税込)【転職お祝い金最大5万円】
退職代行ガーディアン:29,800円(税込)【労働組合法人が運営】
退職代行ニコイチ:27,000円(税込)【退職代行実績16年】

「上司嫌い」が限界に来たときの僕は体に異変

「上司嫌い」が限界に来たときの僕は体に異変

僕が新聞社の編集で働いていたころも、絵にかいたようなパワハラ上司がおりました。

「上司嫌い」が限界にきた過去

体験談です。興味がなければ読み飛ばしてください。

怒号は当たり前。
蹴られたことも3回ほどあったかな。
出社するなり、朝刊を顔に投げつけられたこともあります。

そして自分の言うことは絶対。

まあ辛かったですね。

限界超えたときの異変

けどなんだかんだ耐えたのは、悔しいかな、その上司、仕事はデキたんですよね。
編集のスキルは、すごいものがありました。

その上司から学ぶべきものがあるなら、自己成長のため「耐える」のも選択肢です。
盗むだけ盗んで、サヨナラぐらいの気持ちでもいいでしょう。

僕は肌が荒れる、不眠症になる、寝れても夢に出るといった症状が出ました。
体が限界サインを発してましたよね。

もう一度耐えろ、と言われたらもう無理。
迷わず退職代行で脱出します。

脱出おめでとう!ただ「嫌いな上司」はどこにでもいる悲報

脱出おめでとう!ただ「嫌いな上司」はどこにでもいる悲報

「嫌いな上司」とサヨナラしても

計3社、15年会社員した僕の経験上「合わない上司」「嫌いな上司」はどこにでもいます。
何度か転職をご経験された方なら、分かるでしょうが。

ただ「限界」となるレベルは、そういない。

もしあなたが今「限界」を感じているならば、早々に逃げるべき、環境を変えるべきです。

動き方がわからない方はプロに相談も

その上司の下でしか、その職場でしか働けないなんてことは絶対ないです。
動きましょう、脱出しましょう。

動き方がわかならない、という方はキャリアのプロに相談するのも手です。

僕はリクルートエージェントに相談することで、キャリアを見つめ直すことができ、道が開けました。

「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】:まとめ

「上司嫌い」が限界に来たときの対処法【逃げろ!逃げろ!逃げろ!】:まとめ

上司嫌いが限界に達していると感じたら、絶対に動いてください。
結局、動くことでしか何も変わりませんから。

僕はパワハラ上司と長年付き合って、激しく後悔しています。
人生の無駄すぎたと。

幸い、動き方、働き方が、たくさんある時代です。
恥でもなんでもありません、逃げましょう!

本記事で紹介した退職代行3社
男の退職代行:29,800円(税込)【転職お祝い金最大5万円】
退職代行ガーディアン:29,800円(税込)【労働組合法人が運営】
退職代行ニコイチ:27,000円(税込)【退職代行実績16年】

ご意見ご感想ぜひ!

タイトルとURLをコピーしました