日本発NFTを紹介する「We're Japan NFT Creators!!」公開 »

【2021年11月最新】コインチェック口座開設手順を全画像つきで解説します

コインチェック口座開設手順を全画像つきで解説します

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

本記事では仮想通貨(暗号資産)を初めて買う方のために、大手取引所Coincheck(コインチェック)の口座開設方法を全手順画像つきで解説します。

コインチェック口座開設の流れは、下記4ステップ。

コインチェック口座開設4ステップ
  1. コインチェック公式からアカウント登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認
  4. 二段階認証の設定

やること多いなと思うかもですが、本人確認に多少(コインチェック側の)時間がかかるだけで、各手順は5分もあれば完了します。

口座開設を終えてからの仮想通貨の買い方まで解説するので、本記事を読めば、すぐにビットコインやNFTの購入(販売)ができますよ!

※本記事は投資を推奨するものではありません。
ビットコインやNFTの購入は自己判断でお願いします
m(_ _)m

コインチェック口座開設手順を全画像つきで解説

コインチェック口座開設手順を全画像つきで解説

それでは早速、コインチェックで口座開設していきます。

コインチェックの口座開設は、Web版とアプリ両方で可能ですが、本記事ではWeb版で説明します。(Web開設の方がラクだから)

手順①:コインチェックからアカウント登録

コインチェック口座開設4ステップ
  • 手順①:コインチェック公式からアカウント登録 ←ココ
  • 手順②:SMS認証
  • 手順③:本人確認
  • 手順④:二段階認証の設定

まずアカウントを登録します。
1分で終わります。


1:まずは、下記リンクから公式サイトにいき、「会員登録」ボタンをクリック。
»コインチェック

1:まずは、下記リンクから公式サイトにいき、「会員登録」ボタンをクリック。

2:メールアドレスとパスワードを決めて登録

2:メールアドレスとパスワードを決めて登録

登録したメールアドレス宛てに、メールが送信されます。

コインチェックからくる下記のメールにあるURLをクリックすれば、アカウント登録完了です!

コインチェックからくる下記のメールにあるURLをクリックすれば、アカウント登録完了です!

手順②:SMS認証

次に電話番号の認証を行います。

コインチェック口座開設4ステップ
  • 手順①:コインチェック公式からアカウント登録
  • 手順②:SMS認証 ←ココ
  • 手順③:本人確認
  • 手順④:二段階認証の設定
SMS認証
  • ①:電話番号を入力
  • ②:「SMSを送信する」ボタンをクリック
  • ③:携帯電話のSMSで送られた認証コードを入力
  • ④:「認証」をクリック

以上で、SMS認証も終了です。

③本人確認

続いて「基本情報の登録」と「本人確認書類の提出」を行います。

コインチェック口座開設4ステップ
  • 手順①:コインチェック公式からアカウント登録
  • 手順②:SMS認証
  • 手順③:本人確認 ←ココ
  • 手順④:二段階認証の設定

コインチェックの本人確認は「Web申し込み」と「アプリ申し込み」の2種類があり、それぞれ確認方法が異なります。

コインチェックの本人確認は「Web申し込み」と「アプリ申し込み」の2種類があり、それぞれ確認方法が異なります。
コインチェック公式より

本人確認は、アプリ版だと申し込みが簡略化されており、審査も早いです。
本人確認の申請だけアプリ版を利用するといいかなと思います。

「かんたん本人確認」で審査が完了すれば、すぐに利用可能です。

「かんたん本人確認」で審査が完了すれば、すぐに利用可能です。

下記いずれかの「登録可能な本人確認書類」を手に持って、自分の顔と一緒に撮影しアップロードします。

登録可能な本人確認書類
  • 運転免許証(表面と裏面)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)
    ※通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認書類の撮影は、ちょっとコツみたいなものがあります。
(僕は何度か失敗しました^^;)

コインチェック公式から、撮影のコツが紹介されていますので、参考にどうぞ。

本人確認をアップロードしたら、コインチェックより書類受け取りのメールが届きます。

本人確認をアップロードしたら、コインチェックより書類受け取りのメールが届きます。

審査完了の時間は最短1日となっています。
僕はその最短1日で「口座開設完了」のメールが来ました (*´ω`*)

僕はその最短1日で「口座開設完了」のメールが来ました。

以上で口座開設は完了です。

最後にセキュリティ設定をしておきましょう。

手順④:二段階認証の設定

ビットコインで大儲けしてもハッカーに持っていかれたらパアなので、二段階認証の設定は必須です。

最初に必ず設定しておきましょう。

コインチェック口座開設4ステップ
  • 手順①:コインチェック公式からアカウント登録
  • 手順②:SMS認証
  • 手順③:本人確認
  • 手順④:二段階認証の設定 ←ココ

コインチェックの二段階認証設定は、すごく簡単です。

1:ログインし、コインチェックのメニュー画面を開く。

1:ログインし、コインチェックのメニュー画面を開く。

2:画面上部の「二段階認証」をクリック

2:画面上部の「二段階認証」をクリック

3:スマホ端末の種類を選択し「設定する」をクリック

3:スマホ端末の種類を選択し「設定する」をクリック

4:「Google認証アプリ」を取得する

4:「Google認証アプリ」を取得する

二段階認証には、認証コードを生成する「Google認証アプリ」が必要になります。

iPhoneなら「Google Authenticator」を、Androidなら「Google認証システム」というアプリを、スマホにダウンロードします。

5:認証アプリからバーコードを読み取る

5:認証アプリからバーコードを読み取る

Google認証アプリからバーコードを読み取ると、6桁の認証コードが生成されます。

生成された認証コードを、上記画像の4番に入力します。

2のセットアップキー(シークレットキー)は電話を紛失したときなど、アカウントに戻るために必要になるキーコードなので、メモを残しておきましょう。

認証コードはワンタイムパスワードのようなもので、変化していきます。
30秒ほどで別のコードに変わるので、素早く入力しましょう。

以上で、二段階認証の設定も完了です。

これで作ったコインチェック口座に入金すれば、仮想通貨が購入できます!

早速、コインチェックで仮想通貨を購入してみよう!

早速、コインチェックで仮想通貨を購入してみよう!

口座開設が完了したら、日本円を入金して好きな仮想通貨を購入することができます。

日本円入金から仮想通貨購入の流れはコインチェック「入金→イーサリアム購入」の手順を参考にどうぞ。
※記事はイーサリアム(ETH)購入で書いてますが、どの銘柄でも手順は同じです。

ちなみにコインチェックは取扱通貨の種類が、国内で最も多い取引所です。

コインチェックの取扱通貨17種
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

コインチェック口座開設手順を全画像つきで解説します:まとめ

まとめ2

コインチェック口座開設4ステップを、おさらいしておきますね。

コインチェック口座開設4ステップ
  • 手順①:コインチェック公式からアカウント登録
  • 手順②:SMS認証
  • 手順③:本人確認
  • 手順④:二段階認証の設定

NFT購入(または販売)のために仮想通貨の口座開設をした方は、最も簡単にNFTアートを販売する方法も合わせてどうぞm(__)m(※記事内、メタマスクの作成から読み進んでください)

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?