【筆者体験ベース】おすすめ副業10選>>>

DAZN(ダゾーン)を安くお得に見る方法5選【誰でも使える】

(ダゾーン)を安く見る方法4つ【誰でも使える】
とち
とち

産経新聞社サンスポ記者として

  • Jリーグ
  • プロ野球
  • オリンピック
    などを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在は独立して、いろいろ書きながら生きてます。

月額1,750円でスポーツが見放題のDAZNですが、1,000円前後で利用できる動画サービスが多い昨今、高く感じる人もいます。

なので、ちょっとでも安くお得にDAZNを利用したい!という人に向けた記事を書きました。

本記事では、DAZNを安く見る方法を5つご紹介。

ぜひ本記事を活用して、快適なDAZNライフ、楽しんじゃってください。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNを安くお得に見る方法1:ドコモと最強タッグ(※サービス終了)

DAZNを安く見る方法①:ドコモと最強タッグ

月額1,750円(税抜)のDAZNが、ドコモユーザーなら月額980円(同)まで安くなります。

月額980円の「DAZN for docomo」は20年9月をもってサービス終了となりました。
※9月までの契約者は、以降も特別価格が適用されます。

DAZNを安くお得に見る方法2:年間視聴パス(コスパは微妙)

DAZNを安く見る方法②:年間視聴パス(コスパは微妙)

Jリーグ発行の年間視聴パスもお得だぜ!って紹介しているサイトもあります。

年間視聴パスはJリーグに限らず、DAZN全コンテンツを視聴できます。

たしかに年間21,175円(税込)と通常より1ヶ月分安いんですが、僕は正直、値段だけの話だとおすすめできません。

年間パス買っても、1年中試合やってるわけじゃない。
シーズンオフは視聴休止、みたいな使い方ができなくなります。(DAZNは一時休止ができます)

さらに購入期間も限定されています。

年間視聴パスは各Jリーグクラブの強化費に当てられる側面もあるので、サポートしたいクラブがある人は良いですね。

Jリーグ各クラブでは年間視聴パス以外に、クラブHPからのDAZN新規登録者にキャンペーンを行っているクラブもあります。

たとえばガンバ大阪でいうと、下記のようなキャンペーンをやってました。

このあたりは、お気に入りのクラブのホームページをチェックしてみてください。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNを安くお得に見る方法3:朝日新聞デジタル・DAZNコース

DAZNを安く見る方法3:朝日新聞デジタル・DAZNコース
朝日新聞デジタル

2020年7月から始まったサービスです。

申し込み日から1カ月間2,390円(税込)、2カ月目以降月額4,780円(同)の1カ月契約のコースです。

朝日新聞デジタル

朝日新聞デジタル単体で月3,800円(税込)なので、DAZN単体は月額980円(同)になります。

月額は980円は、DAZN for docomoと並び最安です。

どういった経由でタッグを組んだかはわかりませんが、朝日新聞で時事情報、DAZNでスポーツ情報という組み合わせは良いですね。

>>「朝日新聞・DAZNコース」公式サイト

DAZNを安くお得に見る方法4:ポイント還元を狙う

DAZNを安く見る方法③:ポイント還元を狙う
ポイント還元でDAZN(ダゾーン)の使用料を実質的に下げることもできます。

1ヶ月無料体験を繰り返す極めてグレーな方法はありますが、やめましょう。
このあたりの”裏技”はDAZNお試し期間のチェックリスト3つ【無料体験リピート法もある】で書いてます。モラルは守ろう。

ポイントサイト『ハピタス』経由でDAZNに入会すると、1,300円のポイント還元が得られます。(※20年7月時点)

ハピタスより

還元されて1,300ポイントは現金化できるので、実質1ヶ月は450円で見れることになりますね。

楽天やAmazonでプリペイドカードを購入してポイントをもらう手もありますが、調べたら還元率がショボいので利用価値ないです。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNを安くお得に見る方法5:無料期間延長キャンペーン

DAZNを安く見る方法④:無料期間延長のキャンペーン狙い

不定期ですが、DAZNはスポーツの記念イベント的に2ヶ月無料キャンペーンとかやってます。

直近だと、こんな感じ。

DAZN2ヶ月無料キャンペーン
  • 【プロ野球開幕記念】2020年6月17日〜6月23日
  • 【HONDA F1 2020開幕記念】2020年6月24日〜7月5日

ただ、もちろん、いつ開催されるかわかりません。

『DAZNが見てえ!』っていう気持ちが高ぶったときに、たまたまやってたらラッキーぐらいの捉え方がいいでしょう。

以上がDAZN(ダゾーン)を安く見る方法5選です。

おさらいしておきますね。

DAZNを安くお得に見る方法
  1. DAZN for docomo(※20年9月末まで)
  2. Jリーグ年間視聴パス
  3. 朝日新聞デジタル・DAZNコース
  4. ポイント還元で実質お得に
  5. 無料期間延長キャンペーン狙い

支払い方法も合わせて、あなたが使えるお得な方法が見つかったら、さっそく登録して1ヶ月無料体験をしてみましょう。

DAZNへの登録は、すごく簡単です。
DAZN(ダゾーン)の登録・契約方法を解説【これだけ読めばOK!】を参考にしてみてください。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNを安くお得に見る方法5選【誰でも使える】:まとめ

本記事を書いたのは、サッカー好きの友人が『見たいけれどDAZN高いやん』と嘆いていたことがキッカケでした。

僕はこれだけスポーツ見られて、コスパ最高!ぐらいに思っていたんですが、まぁ感じ方はそれぞれです。(※20年9月現在の配信コンテンツは下記)

『俺はCロナ好きでセリエAしか見ない』
『阪神しかみいへんのに1,750円?』

という方が『高い』と声をあげるのは、ごもっともでもある。。。

だから本記事を活用したあなたが、ちょっとでも安くお得にDAZNライフを過ごすことができたら、僕もうれしい。

あなたもうれしい(*´ω`*)

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました