【筆者体験ベース】おすすめ副業10選>>>

【衝撃】Jリーグの大物外国人【元J担当記者の勝手にTOP10】

【衝撃】Jリーグの大物外国人【元J担当記者の勝手にTOP10】
とち
とち

産経新聞社サンスポ記者として

  • Jリーグ
  • プロ野球
  • オリンピック
    などを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在は独立して、いろいろ書きながら生きてます。

『Jリーグって贅沢だな』って最近、マジマジと思うんです。

思いません?

W杯得点王とか、バロンドール受賞者とか、世界的ビッグネームが続々来ますから。

そこでJリーグが始まった1993年からサッカーを見続け、スポーツ記者としてJクラブの担当歴もある僕が『Jリーグ大物外国人トップ10』を選びました。

選考基準は『マジで〇〇がJリーグに来んの!?』という衝撃度。

日本に来る前に、すでに”大物”であったということです。

ですので、例えば下記のような事例は除きました。

  • 日本で名を上げた→エムボマ、パク・チソン、フッキ
  • Jリーグの前身からいた→ジーコ

懐かしい名前から、最近の名前まで出てきますよ!
さあキックオフです。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

Jリーグの大物外国人10位:ポドルスキ(神戸)

【ヴィッセル神戸(2017ー19)】

2014年W杯優勝を飾ったドイツ代表の10番。

大国ドイツにあって代表通算130試合、49得点はともに歴代3位というとんでもないキャリア。

一度練習で見た左足からのシュート音は、やんちゃな車から聞こえてくる重低音のようで、、、ズンズンきた。

『ポルディ&イニエスタ(後述)』ラインは震えたな。

Jリーグの大物外国人9位:ユングベリ(清水)

【清水エスパルス(2011ー12年)】

アーセナルでアンリ、ベルカンプ、キャンベルらとともに、プレミアリーグ無敗優勝を飾ったスウェーデンの人気者。

ダイナミックなプレースタイルとともに、赤髪モヒカンの風貌もインパクトがあった。

ただJリーグでインパクトは残せず…。

Jリーグの大物外国人8位:ベベット(鹿島)

【鹿島アントラーズ(2000年)】

1994・98年W杯のブラジル代表FW。

94年アメリカW杯ではロマーリオの相棒的役割で、優勝に貢献。

まぁいうならロマーリオが翼で、ベベットが岬君みたいだった。

当大会でベベットが披露した自身の子供の誕生を祝う『ゆりかごダンス』が有名になって、今でも使われてるらしいヨ。

Jリーグの大物外国人7位:イルハン(神戸)

【ヴィッセル神戸(2004年)】

2002年日韓W杯で、ベッカムとともに大和撫子のハートを鷲づかみにしたトルコの男前。

日韓W杯ではチーム最多3得点をあげて、トルコを3位に躍進させる実力も兼ね備えたFWだった。

イルハンの入団会見は生中継されるほどで、神戸は『王子』の入団に沸いたが、その後いつの間にか王子様は帰国されていました…。

Jリーグの大物外国人6位:ストイチコフ(柏)

【柏レイソル(1998ー99)】

94年アメリカW杯で得点王、バロンドールも受賞したブルガリア代表の伝説的FW。

ブルガリアといえば、ヨーグルトかストイチコフか。

とんでもない威力を持つ左足を武器に、バルセロナなどで得点を量産した。

バルセロナ時代には監督のクライフを公然と批判するなど、気性もとんでもなかった。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

Jリーグの大物外国人5位:リネカー(名古屋)

【名古屋グランパス(1992ー94)】

ストイチコフに続きもう一丁、W杯得点王。

1986年メキシコW杯で6得点をあげたイングランド代表の伝説ストライカー。

当時、グランパスファンだった僕は心を踊らせたけれど、『期待しすぎてスマンなんだ』という結果でした。

現役通算568試で一度もカードをもらったことがない、ミスターイギリス紳士。

Jリーグの大物外国人4位:ドゥンガ(磐田)

【ジュビロ磐田(1995ー98)】

94年アメリカW杯を制したブラジルの主将。

しかもその翌年に日本に来たんだから、衝撃はスゴかった。

キャプテンシーは歴代外国人の中でも随一で、グラウンドでの存在感たるや『ドゥンガか、ドゥンガ以外か』って感じだった。

94年W杯で右サイドを駆け上がったジョルジーニョに、ノールックのアウトサイドパスを通すなどテクニックもあったね。

Jリーグの大物外国人3位:フォルラン(C大阪)

【セレッソ大阪(2014ー15)】

推定年俸6億円。Jリーグ自体が、久々のビッグネームだったんじゃないかな。

2010年南アフリカW杯得点王&MVPです。

こう考えるとJリーグってW杯得点王がめちゃくちゃ来る^^;

両足からゴールを奪えるストライカーの加入は、コンビを組むことになる柿谷曜一朗に『俺ら、いる?』とまで言わしめた存在だった。

Jリーグの大物外国人2位:フェルナンド・トーレス(鳥栖)

【サガン鳥栖(2018ー19)】

2008、12年ユーロ優勝。2010年南アフリカW杯優勝。

スペイン黄金期を築いた、神の子です。

アトレティコ・マドリード、リバプール、チェルシー、ミラン…ビッグクラブを渡り歩いた神が、よく鳥栖に来てくれたなと。

強さ、しなやかさにゴール嗅覚、どれも一級品。
さらにワールドクラスの男前。

華のあるFWでした。

今回のランキングに、もう一人のスペインを代表するフォワードであるダビド・ビジャを入れるか悩みました。

ただ、もうヴィッセル神戸の大型補強に慣れてしまって”衝撃度”という意味では薄くなってしまったので除外しました。

Jリーグの大物外国人1位:イニエスタ(神戸)

【ヴィッセル神戸(2018ー)】

衝撃度No.1はイニエスタ。

最近とあって記憶が新鮮なこともあるけれど、一報を聞いたときは日本のサッカーファンみんな頬をツネったんじゃないかな。

バルセロナのみならず、スペインの、世界のレジェンドです。

バルセロナ退団時、盟友メッシがかけた言葉がイニエスタのすべてを表す気がします。『君の近くでプレーできたことは、僕の最大の特権だったー』。メッシにここまで言わせる人物って、いない。

年俸33億円にはビックリしたけど、その”魔法使い”ぶりを日本でも魅せてくれてますね。

グラシアス、アンドレス。

DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

Jリーグの大物助っ人外国人【勝手にTOP10】:まとめ

↑なんかヴィッセル神戸っぽい写真、、、メッシ来たらこんな感じになるかも。

Jリーグの大物助っ人外国人ランキング、おさらいしておきますね。

Jリーグ大物外国人ランキング
  1. イニエスタ(神戸)
  2. フェルナンド・トーレス(鳥栖)
  3. フォルラン(C大阪)
  4. ドゥンガ(磐田)
  5. リネカー(名古屋)
  6. ストイチコフ(柏)
  7. イルハン(神戸)
  8. ベベット(鹿島)
  9. ユングベリ(清水)
  10. ポドルスキ(神戸)

トーレスも引退したので、ご紹介したレジェンド達からJリーグのプレーが見れるのはイニエスタだけになりました。

コロナの影響で中断していたJリーグも、ついに再開。

イニエスタがJリーグでかける”魔法”を楽しみましょう!

しばらく無観客試合、または制限入場となるJリーグは中継で楽しみましょう。

Jリーグを見るなら今はDAZN(ダゾーン)です。J1ー3全試合配信なので当然、イニエスタの”魔法”を見逃すこともありませんヨ。
DAZN〈無料体験してみる〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNの登録は簡単なんで、タイトルどおりDAZN(ダゾーン)の登録・契約方法【これだけ読めばOK!】だけ読めばOKです(^^)

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました