【選択せよ】仕事に飽きたあなたは3つのカードを選べる

【選択せよ】仕事に飽きたあなたは3つのカードを選べる

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

あなたが下の悩みを抱えているなら、読む価値のある記事です。

【断言】仕事はつまらなくて当たり前。理由と打開策の提案です

「 仕事に飽きた。同じ事の繰り返しでハリがない。でも転職とか難しいし、退屈さえ我慢したら給料はもらえるし、あくびしつつ、やっていくしかないかな… 」

上記の悩み、本記事で解決します。

本記事の内容
  • 仕事に飽きたと感じるあなたの選択肢は、3つある
  • 現職で未来が変わるか判別できる【3年後が見える】
  • 仕事が飽きたと感じるのは、わりと仕方のないこと

結論から言うと、仕事に飽きたあなたが取れる選択肢は3つです。

  1. とどまる
  2. まぎらわす
  3. 変える(動く)

断言します。
上記 3つだけ、です。

本記事を書く僕は、15年同じ会社にいた経験がありまして、最後の3年間ほどは、完全に業務に飽きていました。記事の対象は「過去の自分」だったりもしますので、多少語彙がキツくなる点はご容赦ください。

tochiblog執筆者情報

本記事を読めば、「仕事が飽きた。退屈。」と感じるあなたが、選べるカード(未来)が分かります。

どのカードを選ぶかは、あなた次第です。

※ 本記事は3分で読めます。
3分で未来は変わるかもしれないので、しばしお付き合いください
m(__)m

【選択せよ】仕事に飽きたあなたは3つのカードを選べる

【選択せよ】仕事に飽きたあなたは3つのカードを選べる

「仕事に飽きた」と感じるあなたが、選べるカード(未来)は以下の3つです。

  1. とどまる
  2. まぎらわす
  3. 変える(動く)

順に解説します。

①:とどまる

「給料のため」と割り切って、そのまま現在の会社に残るのが、まず1つ。

「仕事はこういうもの」と淡々とこなす、と。
ある種、諦めの境地ですね。

家族がいたり、ローンがあったりと事情はさまざまでしょうから、働き方を否定はしません。

あおるようで申し訳ないですが、「とどまって」未来が変わる可能性は低いと思います。

変化の速い今の時代で、現状維持は退化だから。

経験からの勝手な意見です。
ムカついた方は、すいません。

だけど、真実です。

“未来が分かる” 方法は、次項(現職で未来が変わるか判別する方法【先輩を見る】)に書きましたので、合わせて読んでもらえるとうれしいです。

②:まぎらわす

2つ目は、プライベートや副業と ”本業以外” を充実させる選択肢。

本業以外が充実していれば、本業のツマラナサも、人生視点では薄まるはず。

本業だけ

本業 →ツマラナイ→ 人生充実度0%
=人生充実度0%

本業以外が充実

本業 →ツマラナイ→ 人生充実度0%
プライベート & 副業 → 人生充実度100%
=人生充実度50%

釣りやキャンプなどコストのかかる趣味ならば、「このために仕事やってんだよなぁ」と「仕事 ↔ 趣味」のリンクが可能で、やりがいに繋げられるメリットもあります。

副業も気持ちにハリが出るので、”まぎらわし” には格好です。

心理学の先生、教えてください。

副業で稼げるようになったら、本業も充実感が出てきたのですが、どうしてでしょうか?

上記の相乗効果もあります。(←個人差あり)

③ 変える(動く)

3つ目が最も根本的な解決になる、環境を変える、という選択肢です。

正直、僕が過去の ”仕事に飽きていた自分” に選ばせるなら、このカードです。
さっさと引け、と ^^;

紹介しといて何ですが、①どとまる ②まぎらわす、はご察知のとおり、本質的ではありません。本当に未来をちょっとでも輝かせたいなら、動き出すしかない、ということです。

変える(動く)の具体的な行動は、以下3つ。

  • その① 異動
  • その② 転職
  • その③ 独立起業

上記のとおり。

順に解説します。

その① 異動

異動は、やってみたい仕事が他部署にあるのなら、ありです。

” 隣の芝生は青く見える ”ので、他部署にいる社員に事前に話は聞きたいところ。

「異動願い」が、検討もなく無視される会社は、辞めましょう、即刻。

ただの「駒」としか、あなたは見られていません。

その② 転職

「飽きた。どうにかしたい」と行動に移す意志のある人が、まっ先に考えるのが、転職でしょう。

ここまで読んだあなたは

  • ① とどまる
  • ② まぎらわす

上記 2つの選択肢を捨てた人(ですよね?)。

ならば今、この瞬間から動き出してください。

転職サイトに登録して案件チェックする、転職エージェントとの面談を予約する。
どんなことでもいいので、未来へ1歩、踏み出してください。
» 参考 : リクナビNEXT
» 参考 : リクルートエージェント

あくびしているだけでは、何も変わりません。

厳しく聞こえたら、すいませんm(__)m 僕は「仕事に飽きた」まま3年間も無為に過ごしたことを激しく後悔しました。3年前の自分に届いてほしい、メッセージです。

その③ 独立起業

「 独立・起業 」とかハードル高杉君と思う方もいるでしょうが、今は、そんな難しい時代ではないですよ。

本当に。

クラウドソーシングといったフリーランス向けの仕事受注プラットフォームが、充実していますからね。一定のセーフティネットがある時代です。

実際、特段たいしたスキルもない僕でも、一応現在はWEB制作会社の経営者です。
» 参考:運営者プロフィール

やりたい事があるなら、チャレンジすべき。

1社で勤め上げる時代とか、まじで昭和で終わってますからね。

とはいえ、いきなり独立とか起業とか怖いでしょうから、安全に橋渡りする方法を【解説】サラリーマン→副業→独立【安全にステップアップする】で書きました。参考にどうぞ。

現職で未来が変わるか判別する方法【先輩を見る】

現職で未来が変わるか判別する方法【先輩を見る】

現在の会社にとどまって、あなたの未来が変わるか、判別する方法は簡単。

上司、先輩を見ましょう。

それが、あなたの未来だ!

水晶

冗談抜きで、上司先輩の姿が、3年後、5年後のあなた、です。

今、上司や先輩を見て、こんな姿ではないですか?

  • あなたと同じ仕事している
  • なんか、幸せそうじゃない
  • 安い給料の愚痴を言ってる

上記の状態なら、あなたの ”3年後” もこうなると、いうこと。

明確ですよね。

ネガティブすぎるので、明るい方も見ましょう。

逆に、今の上司や先輩が以下の状態。

  • 上のランク感の仕事をしている
  • とても幸せそうに、働いている
  • 給料の愚痴を聞いたことがない

上司・先輩が、上記のような姿なら、今の会社でもいいのではないでしょうか?

こんな上司や先輩がいる会社だったら、そもそも「飽きた」とはならないですかね…^^;

まとめると「上司先輩の姿 = あなたの未来」だということですね。

仕事に飽きると感じるのは、わりと仕方のない件

仕事に飽きると感じるのは、わりと仕方のない件

そもそも論ですね。

飽きますよ、同じことを繰り返していたら、人間だもの。

毎朝8:00の通勤電車乗って → 同じ顔ぶれの会議やって → 同じメニューの昼ごはん食べて → 同じ得意先を回って → 同じ顔ぶれで飲んで → また、あすも同じ朝が来る…。

上記のループが10年、20年…そりゃ、飽きます ^^;

おもしろいデータがあります。

国別平均勤続年数のデータです。
(※ 2016年発表)

日本の12.1年に対して、アメリカは4.6年。
平均勤続年数はアメリカはほぼ、日本の3分の1なんですね。

生涯の転職平均回数でいうと、日本の2〜3回に対して、アメリカは11回あるそう。

よく言われる「転職」の捉え方の違いですよね。

  • 日本における転職イメージ → 性格的に難ありか、問題を起こしたのでは
  • アメリカにおける転職イメージ → キャリアアップを重ねてきた人

転職11回は多すぎだろ…が正直な感想ですが、アメリカの捉え方が健全であることは、たしかです。

ネガティブイメージを怖がるから、”会社にしがみつくしかない” とか辛辣な言葉を浴びる中高年が増幅する社会。うんざりですね。。


すいません、かなり脱線しました。

言いたいかったのは、日本の社会や、会社に頼っても、何も変わりませんよ、と。

あなたの「飽きている」仕事が、あす突然、キラキラしたものにはなりません。

変えるには、自分が動くしかない、ということです。

本記事では、「仕事が飽きた」と嘆くあなたに3つのカードを提示しました。

  1. とどまる
  2. まぎらわす
  3. 変える(動く)

さぁ、どれを選びますか?

本記事で紹介した転職サイト・エージェント
» リクナビNEXT
» リクルートエージェント
» マイナビエージェント