【また俺?】「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つと対処法【脱出セヨ】

「自分だけ仕事量が多い」と感じたときの対処法【脱出セヨ】

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

あなたが下の悩みを抱えているなら、読む価値のある記事です。

「また仕事を振られた、なんで自分ばかり…。暇そうにしてる奴がいるじゃないか…。なんで、自分だけ仕事量が多いんだろ。なんとかしたい」

上記の悩み、本記事で解決します。

本記事の内容
  • 「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つ【外発的】
  • 「自分だけ仕事量が多い」と感じる人の特徴3つ【内発的】
  • 「自分だけ仕事量が多い」と感じたときは、もう無理【経験則】

感じますよね、「なんで自分だけ?」って。

Yahoo知恵袋を見ても『自分だけ仕事が多い』と感じている人は、とても多いです。

ヤフー知恵袋
Yahoo!知恵袋

本記事では、あなたが「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因を示し、対処法を提案します。

僕は『自分だけ仕事量が多い』と思い始めてから、1年後には退職してました。経験から『期待されているので頑張りましょう』みたいな綺麗事じゃなく、どう脱したかという具体的ルートを示す記事を書きました。

tochiblog執筆者情報

結論を先にいうと、たぶん、もう無理。
脱出しましょう。

※「いきなり極論やな」と思うでしょうが、本文を読めば納得してもらえます。
3分で読めますのでお付き合いください m(__)m

「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つ【外発的】

「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つ【外発的】

「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因は、主に以下の3つ。

  • その①:期待されている
  • その②:仕事の処理能力と質が高い
  • その③:上司が部下の仕事量を把握していない

順に解説します。

原因①:期待されている

単純に「期待されている」から、仕事量が増えるパターンです。

誰も”諦めた人” に仕事は任せません。

「期待で仕事が多い」と「単純に仕事が多い」の境界線は、仕事の内容で判断できるでしょう。

今のあなたにとって「ちょっと難しいかも」と感じる仕事を振られている場合は、「期待されている」可能性が高いと思います。

任された仕事は、スキルアップにつながるのか、の視点が大切です。

原因②:仕事の処理能力と質が高い

上司視点。

どちらに仕事を頼むでしょう。

「仕事が早く、質も高い部下」「仕事が遅く、質もイマイチな部下」。

どう考えたって、前者「仕事が早く、質も高い部下」ですよね。

本記事を読むあなたは「仕事が早く、質も高い人」なのです (*´∀`*)

原因③:上司が部下の仕事量を把握していない

上司が、部下の仕事量を把握していないケースもあります。

違う仕事も頼まれていることを、その上司は知りません。

これは率直に、上司のマネジメント能力の欠如ですね。

不公平の歪みの原因は、そのダメ上司です。

あなたに非はない。

「自分だけ仕事量が多い」と感じる人の特徴3つ

「自分だけ仕事量が多い」と感じる人の特徴3つ

「自分だけ仕事量が多い」と感じる人には、以下3つの傾向があります。

  • その①:20代後半〜30代
  • その②:ひとりで抱え込む
  • その③:「下」と比較しがち

順に解説します。

特徴①:20代後半〜30代

「自分だけ仕事量が多い」と感じる年代は、20代後半から30代に多い印象です。

仕事が一通りできる頃ですから、必然、仕事は増えます。

僕自身もそうでした。上司から後輩から、なんやかんや頼まれて、発狂みたいな ^^;

特徴②:ひとりで抱え込む

「自分でやった方が早い」
「他人に任せるのが怖い」

仕事を ”投げられない人”も当然、仕事は増えます。

責任感が強いタイプでしょうが、抱え込み過ぎは、いずれ詰みます ^^;

特徴③:「下」と比較しがち

「アイツは何もやってない」
「暇そうにしてる奴がいる」

と、他人と天秤にかける人も「自分だけ仕事量が多い」と感じる傾向が強いです。

そもそも比較するから「自分だけ」と感じるんですもんね。

しかも、このタイプの人は大体、「下」(自分より仕事をしない人・できない人)と比較しがち。

「自分だけ仕事量が多い」と感じる根本は「ツマラナイ」です

「自分だけ仕事量が多い」と感じる根本は「ツマラナイ」です

「自分だけ仕事量が多い」と感じる根本は、「ツマラナイ」にあります。

夢中なら気にならない

つまらないから「仕事が多い」と感じるんですよね。

仕事に夢中なら、量も時間も気になりません。

僕は新聞記者という職業柄、夜討ち朝駆け、泊まり勤務は日常でしたが、仕事に夢中なときは労働時間など気にもしなかったです。

望んで就いた仕事。

あなたにも夢中で仕事をした時があったはず。

当時、仕事量や勤務時間は気になりましたか?

「辞めたい」の前段階

「自分だけ仕事量が多い」と感じるのは、「辞めたい」の前段階です。

また頼まれた…自分だけ仕事量が多いな

あぁ激しく仕事がつまらない

わりに評価もされないし

もう辞めたい。。。

本当に量が多いかは別として、「仕事が多い」と感じたら、その先は「辞めたい」に向かうのが自然の心の流れかなと思います。

「自分だけ仕事量が多い」と感じたときの対処法【脱出セヨ】

「自分だけ仕事量が多い」と感じたときの対処法【脱出セヨ】

「自分だけ仕事量が多い」と感じたら、選択肢は以下3つです。

  1. 改善にがんばる
  2. 我慢して続ける
  3. 脱出準備をする

上記のとおり。
当然③を推奨します。

順に解説します。

①:改善にがんばる

具体的には、以下のような行動ですね。

  • 上司に「仕事が多い」と感じていることを伝える。
  • 同僚や後輩に仕事を振って、仕事量の分散を図る。

理想ですが、上記ができたら苦労しないって話ですね。

やめましょうか、現実味のない理想論は。

②:我慢する

「我慢」は一番、ダメです。

耐えることが美徳な時代は「おしん」で終わってます。

我慢によるストレスで体を壊すケースもありますし、「我慢 → 不満 → 愚痴」を続けていると心まで荒れていきます。

「現状を変えることが難しい」と考えるなら、次項で説明するポジティブな③、選択してほしいと思います。

③:脱出を目指す

環境を変えることが、根本から解決できる唯一の方法です。

「自分だけ仕事量が多い」と感じる、その環境、脱しましょうと。

具体的には、下の3つの 「脱出ルート」があります。

  1. 異動
  2. 転職
  3. 独立

上記のとおり。
根本から、環境を変えるには、この3つしかありません。

僕は「自分だけ仕事量が多い」と感じ始めた1年後には、15年勤めた新聞社を退職していました。自分ではどうしようもない外発的な要因もあるので「決断 → 行動」は早い方がいいです。

異動は、根本の解決策かと聞かれたら、微妙なところ。

あなたが本気で「今の状況を変えたい」と願うなら転職 or 独立を目指した方がいいです。

次項で、転職 or 独立のために在職中にすべきことを、解説します。

「自分だけ仕事量が多い」と感じる環境を脱する【副業セヨ】

「自分だけ仕事量が多い」と感じる環境を脱するためにすること【副業セヨ】

転職 or 独立、どうすれば ”脱出” できるのかー。

具体策を示します。

副業しましょう。

副業 → 依存心が減る

結論、副業しましょう。

副業により自分で稼ぐ経験をすると、会社への依存心がグンと減ります。

会社への依存心が減ると、「別に今の会社にしがみつく必要はない」ことが分かるはず。

副業を禁止する会社もありますが、個人的にはどうかなと思いますよね。「じゃあ一生面倒見てくれます?」と。おそらく守ってくれないので「自分でやるしかないでしょ」という考えです、僕は。

副業は、現状打破への最初の1歩、ということですね。

【2021年】サラリーマン向けおすすめ副業11選【始め方解説付き】で、あなたに合った副業が見つかると思いますので、参考にどうぞ。

副業を選ぶ基準

副業を選ぶ際は「スキルが付くか」を基準にしてください。

結局、スキルが付かないと、目指す転職 or 独立につながっていかないので。

「仕事量が多い」と感じているあなたが、忙しい合間をぬってする副業がただの・・・時給労働なら、本業を頑張った方がいいです。

スキル観点でいうと、特にプログラミングはおすすめです。
僕はプログラミングで人生変わりました。

今は転職保証付きのスクールとかあるんで、リスク減らしつつ挑戦できる、いい時代です。
» 【無料あり】30代未経験で転職保証が付くプログラミングスクール3つを紹介します

転職 or 独立

副業とともに、転職活動 or 独立準備を始めましょう。

僕は「 副業 → 独立 → 起業 」といったルートを歩みましたが、転職活動を経た上での選択です。仕事が多くて大変でしょうが、在職中にしっかり、未来のルート、描いてほしいと思います。
» 参考:「39歳です。転職、厳しいですよね?」エージェントに聞いてみた【体験記】

転職活動はド定番ですがリクナビNEXTや、dodaといった転職サイトの活用が良いと思います。

次の職場でも同じことの繰り返し(「仕事量が多いと感じる」)とならないよう、事前にしっかり会社を見極めたい人は、リクルートエージェントに相談するのも良いでしょう。

まともなエージェンントならば、あなたの現状の悩み踏まえた上で、適した会社を紹介してくれるはずです。

”まともな転職エージェンント” かどうかは、あなた自身が見極める必要があります。
希望職種でもない案件まで、なんでもかんでも勧めてくる、転職エージェンントは要注意。

独立志望の方は【解説】サラリーマン→副業→独立【安全にステップアップする方法】をどうぞ。
安全にステップアップする方法を、経験則から書きました。

【また俺?】「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つと対処法【脱出セヨ】:おわりに

「自分だけ仕事量が多い」と感じたとき、僕は脱出準備を始めた:まとめ

おさらいします。

「自分だけ仕事量が多い」と感じる原因3つ
  1. 期待されている
  2. 仕事の処理能力と質が高い
  3. 上司が部下の仕事量を把握していない
「自分だけ仕事量が多い」と感じる人の3つの特徴
  1. 20代後半〜30代
  2. ひとりで抱え込む
  3. 「下」と比較しがち
「自分だけ仕事量が多い」と感じたときの対処法
  1. 改善にがんばる ← 難しい
  2. 我慢して続ける ← やめよう
  3. 脱出準備をする ← 根本解決

繰り返しですが、僕も「自分だけ仕事量が多いな…」と感じて、悩んだ1人です。

本記事が、あなたの悩みを解決する記事となれば、幸いです。

では!

本記事で紹介した転職サイト&エージェンント
» リクナビNEXT
» doda
» リクルートエージェント