日本発NFTを紹介する「We're Japan NFT Creators!!」公開 »

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?【比較します】

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?【比較します】

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

NFTやってますか??

本記事は下の悩みを解決します。

「なんか盛り上がってるNFTをやってみたいけど、仮想通貨が必要なんだよね?仮想通貨を購入するのにコインチェックかビットフライヤー、どちらを使えばいいのかな?」

NFTを始めるには、仮想通貨(暗号資産)が必要です。

NFTを売買するためにWebウォレットが必要で、そのWebウォレットには仮想通貨しか入れられないためです。

NFTを売買するのためにWebウォレットが必要で、そのWebウォレットには仮想通貨しか入れられないため
本記事では、国内の代表的な取引所であるCoincheck(コインチェック)bitFlyer(ビットフライヤー)「NFTをするなら」の視点で比較。

本記事を読めば、あなたがコインチェックかビットフライヤー、どちらで仮想通貨を購入しNFTを始めればいいか、わかりますよ!

本記事の信頼性

筆者はコインチェック、ビットフライヤーの両取引所を使い、NFT売買をしています。
ちなみに、図解で出したこちらの書道アートは、実際に僕が出品しているNFTです(*´ω`*)

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?【比較します】

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?【比較します】

仮想通貨取引所における、NFTに関わる事項は下記。

  • イーサリアム(ETH)の取扱い
    ※NFTの売買には主にETHが使われます。
  • 取引手数料
  • 取引開始まで
  • 日本円入金手数料
    • 銀行振り込み
    • コンビニ入金
    • クイック入金
  • 資産移転制限
  • 送金手数料
  • 使いやすさ
  • 独自NFTマーケット
  • 出金手数料

表で比べます。

CoincheckbitFlyer
イーサリアム(ETH)取扱いあり(販売所)あり(販売所)
取引手数料無料(スプレッドあり)無料(スプレッドあり)
取引開始まで最短翌日最短即日
日本円入金手数料【銀行振り込み】
無料(振込手数料は自己負担)
【コンビニ入金】
3万円未満で770円
3万円〜30万円で1,018円
【クイック入金】
3万円未満で770円
3万円〜50万円未満で1,018円
50万円以上で「入金額×0.11%+495円」
【銀行振り込み】
無料(振込手数料は自己負担)
【コンビニ入金】
1件につき330円
【クイック入金】
住信SBIネット銀行:無料
上記以外の金融機関:1件につき330円
入金後の資産移転制限あり
(コンビニ&クイック入金後7日間)
あり
(コンビニ&クイック入金後7日間)
ETH送付手数料0.005ETH0.005ETH
WEB&アプリの操作性
独自NFTマーケットありなし
出金手数料407円三井住友銀行:220円〜440円
上記以外の金融機関:550円〜770円

上記のとおり、手数料は使う銀行によって微差があるだけ。

では、どこが・・・大きく違うのか…。

次項で解説します。

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?異なる特徴2つ

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?異なる特徴2つ

NFTをやる上で、コインチェックとビットフライヤー、大きく違う点は下記2つ。

  • Web&アプリのUI(操作性)
  • 独自NFTマーケットの有無

詳しく解説します。

Web&アプリの操作性

結論からいうと、仮想通貨初心者ならばWeb&アプリのUI(操作性)ではコインチェックがおすすめです。

コインチェックはWeb、アプリとも、とてもシンプルで使いやすいです。
(実際、取引所のアプリダウンロード数でコインチェックは国内No.1となっています。)

コインチェックのWEBページ
日本円入金画面
日本円入金画面
ETH購入画面
ETH購入画面
コイン送付画面
コイン送付画面
ビットフライヤーのWEBページ
日本円入金画面
日本円入金画面
ETH購入画面
ETH購入画面
コイン送付画面
コイン送付画面

コインチェックは無駄を削ぎ落とし、逆にビットフライヤーは情報が付加されている感じですね。

独自NFTマーケットの有無

コインチェックは「Coincheck NFT(β版)」という自社のNFTマーケットプレイスを持っています。

Coincheck NFT(β版)

コインチェックに預けている仮想通貨を、そのままNFT決済に利用できます。

Coincheck NFTの取り扱いコンテンツは以下4つです。

  • トレーディングカードゲーム「CryptoSpells」
  • メタバース「The Sand box」
  • ファンタジーフットボールゲーム「Sorare」
  • AKB等のアイドルカード「NFT トレカ」

上記に興味がある方は、コインチェックから始めてもいいですね!

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?結論どっち?

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?結論どっち?

ここまで比較してきたとおり、コインチェックとビットフライヤー、NFTをやる上で決定的な差はありません。

コインチェックの持つ独自マーケットも現状、OpenSeaといった大きな海外マーケットにユーザー数や取引量で及びません。
参考: 国内外NFTマーケットプレイス9つを比較【どこで出品すべきか分かる】

では、どちらを選択するか?

結論、あなたの重視するポイントで選べばいいかなと思います。

あくまで僕の主観で、モナリザの問い答えます。

きょう今すぐNFTを始めたい!

最短即日取引ができるビットフライヤー!

サイトやアプリが使いやすい方がいい!

コインチェック!

国内のNFTマーケットプレイスでも取引したい!

自社NFTマーケットを持つコインチェック!

ってところでしょうか。

Q&Aまとめ

ちなみに僕はメインでコインチェックを使っていますが、そこは各人の判断で(._.)

本記事が、取引所の選択に迷うアナタの一助となり、NFTを始めるきっかけとなれれば幸いです!

Let’s enjoy the new technology, NFT, together!
(新しいテクノロジー、NFTを一緒に楽しみましょう!)

\使いやすさNo.1/
\最短即日取引/
NFTアートの販売手順OpenSeaの使い方