NFTの稼ぎ方3つを紹介する【投資・販売・ゲーム】

NFTの稼ぎ方3つを紹介する【投資・販売・ゲーム】

こんにちは、NFTにどっぷりハマり中の、とち( @blue_chikippaa )です。

あなたが下の悩みを持つなら、読む価値のある記事です。

【弱者のブログ集客】キーワードをズラして成約に導く3ステップ

『 NFTっていうのが、盛り上がっているみたいだね。自分もNFTで稼げたりできるかな?絵とかホント書けないんだけど、自分でNFTを作る以外にもなんか稼ぎ方あるの?』

上記の疑問、本記事で解決します。

結論からいうと、NFTで稼ぐには主に以下3つの方法があります。

  1. NFTの売買で稼ぐ【投資】
  2. NFTを作って稼ぐ【販売】
  3. NFTゲームで稼ぐ【プレー】

上記3つを詳しく解説していきますね!

本記事は「必ず稼げる」なんてことをうたう記事ではありません。
万人にチャンスが拡がるNFTの面白さを伝えることを主旨としています。

NFTの稼ぎ方3つ:①NFTの売買で稼ぐ

NFTの稼ぎ方3つ:①NFTの売買で稼ぐ

まず1つ目の稼ぎ方は、NFTを安く買って高く売る方法、いわゆる投資です。

デジタルアート、ゲームキャラクター、トレーディングカードや仮想空間の土地を買って、値上がりを狙います。

現実世界の投資と同じですね。

日本にも初値の5倍、10倍で取引される作品が増えています。
※下写真は「CryptoNinja」という人気作品の取引履歴。
EXILEの関口メンディーさんが購入したことで話題になりました。

※ちなみに2021年10月時点の1ETHは約40万円。

全体の取引量もボリュームが増えています。

nftnewsより

転売は、NFTの大きな魅力の一つです。

たとえば世界最大のNFTマーケットプレイス・OpenSeaでは、転売された際、クリエイターにもロイヤリティ(最大10%)が入ります。

作品が積極的に売買されることは、クリエイターにも「おっしゃ〜!」なことなんですヽ(^o^)丿

NFTの売買で稼ぐには、取引が盛んなマーケットプレイスを選ぶことが大切。
おすすめは世界最大のNFTマーケットであるOpenSeaです。

NFTの売買で稼ぐ:実践手順

NFTの稼ぎ方3つ:②NFTを作って稼ぐ

NFTの稼ぎ方3つ:②NFTを作って稼ぐ

小学生の絵に380万円!

2つ目は、自分でNFTを作り、販売して稼ぐ方法です。

イラスト、アート作品、写真、動画、音楽…デジタル作品なら、なんでもNFTにすることが可能です。

値付けも自分でできるので、相場を見つつ、売り出しできます。

「自分にはデジタルアートなんて作れない…」と思うかもですが、それはハードルを上げすぎ。

「NFT作品」なんて小難しい言い方ですが、要は単なるjpegやpngといった画像です。

※イラストレーターでもない僕でも、下のキャラクターを出品して売ることができました(*´ω`*)

小学3年生が夏休みの自由研究で書いた絵に380万円なんて値がついたりしてます。

上記は特異な例ですが、NFTのマーケットは「世界」です。

世界中の人が、あなたの作品を見ます。

よもやよもや、あなたの作品にウン億円なんて値がつくかもしれません (・o・)

夢、拡がるでしょ!

NFTマーケットはどこがいい?

NFTを出品できるマーケットは、たくさんあります。

現時点(2021年10月)では、以下の主要なNFTマーケットプレイスから選べば問題ないでしょう。

  • OpenSea:世界一流通量が多い。『NFT界のAmazon』。
  • Miime:ゲームキャラクターをユーザー同士で売買できる。
  • Rarible:アカウントさえ作成すれば、簡単に売買できる。
  • Foundation:招待制。アート色が強い
  • Coincheck NFT:日本の仮想通貨取引所コインチェックが運営(※ベータ版)。
  • 楽座:ジブリやドラゴンボールといった日本アニメのセル画が出品されている。

上記が主要なNFTマーケットプレイス。

「自分の作風に合いそう」と感じるマーケットを選べばOKですが、初めてならば情報の多いOpenSeaが無難、といった感じです。

NFTを作って稼ぐ:実践手順

  • 手順①:コインチェックで仮想通貨を入手する
  • 手順②:メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 手順③:メタマスクに仮想通貨を入金する
  • 手順④:NFTマーケットプレイス・OpenSeaにログインする
  • 手順⑤:OpenSeaでNFTアートを出品登録する

NFTを作って販売する手順は、最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】に詳しく書きましたので、合わせてどうぞ。

NFTの稼ぎ方3つ:③NFTゲームで稼ぐ

NFTの稼ぎ方3つ:③NFTゲームで稼ぐ

最後は、みんな大好き、ゲームです。

「ゲームでどうやって稼ぐの?」と思うでしょう。
できるんです、NFTならば。

「Play to Earn」と呼ばれる、伸びている領域です。

主なゲームの稼ぎ方は下記2つ。

  1. ゲームアイテムやキャラクター、トレカや土地の売買
  2. ガバナンストークン(会社・団体が発行する仮想通貨)の価値向上

現在(2021年10月)の①の代表的な存在が、ベトナム発のNFTゲーム・Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)。
「Axie(アクシー)」というモンスターを使って戦うバトルゲームです。

下記のように、可愛らしいモンスターが売買されています。

OpenSea・Axie Infinityより

トレーディング・カードもNFTの人気ジャンルですね。

コインチェックSorareより

②のガバナンストークンとは、NFTゲームサービスを運営する会社や団体が発行する仮想通貨のこと。

サービスやゲームの人気が上がれば、トークン保有者も増えるため、結果的にトークンの価格が上がります。

先にあげたAxie Infinityではゲームをプレイすることで、AXSとSLPという仮想通貨を入手できます。
もちろん日本円にも替えられます。

2021年10月5日、Axieを運営するSky Marvisが、170億円の資金調達を行ったことを発表しました。世界No.1のNFTゲームが、どこまで伸びるか注目ですねー。

以下が人気のNFTゲームです(2021年10月時点)。

  • Axie Infinity:NFTゲームでユーザー数やイーサリアムの取引高が最も多い人気ゲーム。
  • Crypto Spells:日本最大級のNFTゲーム。所有カードを自由に売買できる。
  • Sorare:現実のサッカーの戦績がゲームに反映されるトレーディングカードゲーム。
  • The Sandbox:仮想空間「メタバース」内で、建築やオリジナルゲームの作成が可能。マインクラフトに似てる。

NFTの稼ぎ方3つを紹介する【投資・販売・ゲーム】:まとめ

NFTの稼ぎ方3つを紹介する【投資・販売・ゲーム】:まとめ

以上が、NFTで稼ぐ方法3つでした。

おさらいすると下記。

  1. NFTの売買で稼ぐ【投資】
  2. NFTを作って稼ぐ【販売】
  3. NFTゲームで稼ぐ【プレー】

最後に念押しをしますと、そう簡単に稼げるものじゃないです(そんなものない^^;)。

①投資も作品を常にチェックしないとですし、高く売るマネジメントも必要です。
②の販売も、参加者が増えるにつれて、作品レベルも格段に上がっています。
③のゲームも、誰よりもプレーして、世界観やアイテムに詳しくなることが前提になるでしょう。

つまり、簡単じゃないよ、ということです。

「稼げる方法」とかタイトル付けて何ですが、「稼げる・稼げない」の次元を超えた楽しさが、このNFTという新しいテクノロジーにはあります (*´ω`*)

さぁ一緒に無限の楽しさ拡がるNFTの世界へ行きましょう!
Let’s go to the world of NFT together, where the fun is endless!

NFTアートの販売方法OpenSeaの使い方稼いだNFTの税金は?