日本初のJapan NFT Artメディア「WJNC!!」»

これでNFT入門は完ぺき!やさしいロードマップ【本は不要です】

これでNFT入門は完ぺき!やさしいロードマップ【本は不要です】

こんにちは、とち( @tochi1203 )です。

本記事は下の悩みを解決します。

NFT入門したい人

「 話題のNFTを始めたくて入門書とか探したけど、あまり本ってないね…。NFTの入門におすすめの方法を教えてほしい 」

NFT入門を目指すあなたに、手順どおり進むだけでOKなロードマップを用意しました!

本記事のステップを踏めば、NFT入門はバッチリ。
ぶっとい「NFT入門書」は不要です!

記事の執筆者

本記事を書く僕は、日本産NFT紹介メディア「We’re Japan NFT Creators!!」を運営。
約120万円分のNFTを購入しているコレクター。かつクリエイター。

NFT入門ロードマップのゴールは、下記のように設定しました。

ロードマップのゴール
  • NFTを買ってみたい方 → 購入したNFTの確認
  • NFTを売ってみたい方 → 財布への入金の確認

本記事で進むNFT入門ロードマップは下記。

NFT入門ロードマップ
NFT入門ロードマップ

では早速、NFT界の門を叩きにいきましょう( ゚∀゚)o彡°

NFT入門ロードマップ①】NFTとは何かを理解しよう

  1. NFTとは、何かを理解しよう←ココ
  2. NFTの注意点を知っておこう
  3. NFT売買の準備をはじめよう
  4. マーケットプレイスを知ろう
  5. いざNFTの売買をしてみよう
    →買う:NFTアートを探そう
    →売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう

NFTとは、唯一無二の番号(ID)が付いたデジタルデータのこと。

Non Fungible Token=ノンファンジャブルトークン(非代替性トークン)
なんか小難しいですが、要はjpegやpngといったデジタル画像です。

上記の理解で十分ですが、より深くNFTについて知りたい方はNFTを世界一わかりやすく解説します【理解度チェックテスト付き】をどうぞ。

「NFT=デジタル画像に唯一無二の番号(ID)が付いたもの」とわかったところで、「②NFTの注意点を知っておこう」に進みましょう!

NFT入門ロードマップ②】NFTの注意点を知っておこう

  1. NFTとは、何かを理解しよう
  2. NFTの注意点を知っておこう←ココ
  3. NFT売買の準備をはじめよう
  4. マーケットプレイスを知ろう
  5. いざNFTの売買をしてみよう
    →買う:NFTアートを探そう
    →売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう

NFT売買を始める前に、注意点を確認しておきます。

NFTの売買には、主に仮想通貨(暗号資産)が用いられます。

仮想通貨の世界は、すべてが「自己責任」だと考えてください。
お金やNFTが盗られようが、誰もアナタを助けてはくれません。

武装してください。
心持ちも、知識の面でも。

具体的な注意点は、NFTに潜むリスクを解説【これだけ覚えて帰ってください】にまとめました。
全てではないですが、NFT初心者の方がやってしまいがちなことです(僕もやりました…^^;)。
一読をおすすめします。

スイマセン…。
少々、不安をあおりましたが、大丈夫。
注意していれば、サメもライオンも出やしません。

さて、次項。

素晴らしいNFTアートの門を開く準備を始めましょう。

NFT入門ロードマップ③】NFT売買の準備を始めよう

【NFT入門ロードマップ③】NFT売買の準備を始めよう
  1. NFTとは、何かを理解しよう
  2. NFTの注意点を知っておこう
  3. NFT売買の準備をはじめよう←ココ
  4. マーケットプレイスを知ろう
  5. いざNFTの売買をしてみよう
    →買う:NFTアートを探そう
    →売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう

さぁ、いよいよNFTを売ったり、買ったりの準備です。

NFT売買の準備とは下記の3つです。

  • その①:仮想通貨(暗号資産)の入手
  • その②:NFT用の ”お財布” を用意する
  • その③:お財布に仮想通貨を入金する

順に説明します。

①仮想通貨の入手

まずは仮想通貨(暗号資産)を入手しにいきましょう。

国内のNFTマーケットプレイス(売買する場所)には「円」が利用できるところもあります。ただ、NFTは世界がつながる市場です。せっかくですから「世界通貨=仮想通貨」で取引しましょうよ(*´ω`*)

「NFTを売るにも仮想通貨が必要なの?」の疑問ですが、はい、必要です。
のちほど紹介するNFTマーケットプレイス(NFTを売買する場所)では初回出品時に、手数料が必要になるからです。

仮想通貨は、仮想通貨取引所で購入します。
コインチェックビットフライヤーといった大手取引所が安心でしょう。

NFTやるならコインチェック?ビットフライヤー?【比較します】で、どちらの取引所があなたに合うか、チェックしてみてください。

利用する仮想通貨取引所が決まれば、「口座開設→仮想通貨購入」の手順へ進みましょう。

NFTの売買には、仮想通貨のイーサリアム(ETH)が主に使われます。
よほど特別なNFT売買を目的にしない限り、ETH(イーサ)をゲットしにいきましょう!

▼コインチェックを選んだ人:口座開設手順

▼ビットフライヤーを選んだ人:口座開設手順

仮想通貨取引所の口座開設は終わりましたか?

口座ができたら早速、入金して仮想通貨を購入しましょう!

▼コインチェックを選んだ人:入金→イーサリアム購入手順

▼ビットフライヤーを選んだ人:入金→イーサリアム購入手順

以上で、仮想通貨取引所のあなたの口座にイーサリアム(ETH)が入っている状態になっています。

次は、このイーサリアム(ETH)を、NFT売買で使う”お財布”に移します。

②NFT用の”お財布”を用意する

Web上で使うウォレット(財布)を作ります。

世界で最も利用されている「メタマスク」が良いでしょう。

下の記事を参考に、あなた専用のメタマスクを作ってください。
タイトルどおり「3分で」できます。

あとは仮想通貨取引所にあるイーサリアム(ETH)を、メタマスクに送ればNFTの売買準備は完了です。
もうちょっとです!

③お財布に仮想通貨を入金する

▼Chrome拡張機能から、メタマスク(きつねのマーク)をクリックし起動。

▼Chrome拡張機能から、メタマスクをクリックし起動。

▼「0x」から始まる英数字にカーソルを合わせて、アドレスをコピー。

▼「0x」から始まる英数字にカーソルを合わせて、アドレスをコピー。

▼仮想通貨取引所にログイン。イーサリアム(ETH)をコピーしたアドレスへ送金する。
※コインチェックの画面で説明。ビットフライヤーでも手順は同じです。

▼仮想通貨取引所にログイン。イーサリアム(ETH)をコピーしたアドレスへ送金
コイン送金手順
  • ① メニューから「コイン送金」を選択
  • ② 「Ethereumを送る」をクリック
  • ③ 宛先にメタマスクでコピーしたアドレスをペースト
  • ④ 送金金額を入力
  • ⑤ 「送金する」をクリック

「送金完了」から10分程度でメタマスクに入金が反映されます。
※反映時間は時間帯などによる。

以上で、NFT売買用のお財布「メタマスク」に、仮想通貨(イーサリアム)が入った状態です。

準備完了!
お疲れさまでした。

次にNFT売買を行う場所、NFTマーケットプレイスを見にいきましょう!

NFT入門ロードマップ④】NFTマーケットプレイスを知ろう

【NFT入門ロードマップ④】NFTマーケットプレイスを知ろう
  1. NFTとは、何かを理解しよう
  2. NFTの注意点を知っておこう
  3. NFT売買の準備をはじめよう
  4. マーケットプレイスを知ろう←ココ
  5. いざNFTの売買をしてみよう
    → 買う:NFTアートを探そう
    → 売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう

NFTを売買する場所を、NFTマーケットプレイスといいます。

「NFT入門」としては、世界最大NFTマーケットプレイスOpenSeaを抑えておけばOKです。

「利用者が多い=情報が多い=困ったとき助かる」の論理です。
新しい技術であるNFTのテーマにおいて、情報が多いことは何よりの正義!

ここからのロードマップもOpenSeaの利用を前提に進みます。

他のNFTマーケットプレイスも知りたいという方は【2022年最新】NFTマーケットプレイス9つを紹介【どこを使えばいいか分かる】をどうぞ。

NFT用のお財布(メタマスク)にお金が入った!
売り買いする場所も決まった!

さぁ、いよいよ次項、NFTの売買です!
レッツゴー( ゚∀゚)o彡°

NFT入門ロードマップ⑤】NFTの売買をしよう

【NFT入門ロードマップ⑤】NFTの売買をしよう
  1. NFTとは、何かを理解しよう
  2. NFTの注意点を知っておこう
  3. NFT売買の準備をはじめよう
  4. マーケットプレイスを知ろう
  5. いざNFTの売買をしてみよう←ココ
    → 買う:NFTアートを探そう
    → 売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう

さぁいよいよ、NFTの売買です!

ここから、目的別に分けますね。

①NFTを買ってみる!

まずはNFTアート、コレクションの探してみましょう。

効率的なNFT探しには、下記3つの方法がオススメです。

  • その①:OpenSeaランキング(←海外作品)
  • その②:We’re Japan NFT Creators!!(←国内作品)
  • その③:Twitterのクリエイターまとめリスト(←国内作品)

上記の3つ。
順に説明しますね。

①OpenSeaランキング

海外のNFTコレクションを探すならOpenSeaのランキングが使えます。

OpenSea = 世界最大のNFTマーケットプレイス
参考 OpenSea(オープンシー)の使い方が0から分かる【NFT売買、簡単です】

もちろん、各種条件をつけて(7日間の取引量やカテゴリーなど)の検索も可能なので、値段が手頃なコレクションも探しやすいです。

各種条件をつけて(7日間の取引量やカテゴリーなど)の検索も可能
OpenSeaランキング

②We’re Japan NFT Creators!!

手前味噌ですが、本記事を執筆する僕が運営する日本発NFT作品の紹介サイトです。

日本のトップNFTクリエイターさんと、その作品が、まとめて見られますので、是非お越しくださいませm(__)m

③Twitterリスト(JapaneseNFTクリエイター)

NFT情報を発信されているmiinさんという方が作った、日本人のNFTクリエイターリストがTwitterにあります。

フォローしておくと、沢山のクリエイターさんの情報をゲットできますよ。

僕のTwitter(@tochi1203)のリストからフォローできますので、ぜひ。

Twitterリスト・フォロー方法
Twitterリスト1
Twitterリスト2
Twitterリスト3
Twitterリスト4

買い物カゴに入れたくなる作品、見つかりましたか?

「作品がありすぎて、どれがいいか分からない」という方は入門用として「Pixel Heroes X」はどうでしょう?価格も手頃(最安価格 3,000円 ※2022年3月時点 )で、カッコいい!コミュニティもしっかり運営されているので、NFT体験として、適したコレクションじゃないかな、と。

Pixel Heroes X
Pixel Heroes X

特に「Pixel Heroes X」と関わりがあるわけではありません…。NFTの購入は自己責任でお願いします。

NFT購入手順

NFTの買い方をみていきましょう!
OpenSeaで説明します。

▼ビビッときた作品が見つかれば「BUY NOW」をクリック。

ビビッときた作品が見つかれば「BUY NOW」をクリック。

▼作品データが表示されるのでチェックを入れる。

作品データが表示されるのでチェックを入れる。

▼「チェックアウト(支払い)」をクリック。

「チェックアウト(支払い)」をクリック。

▼メタマスクが開く。手数料をチェックし「確認」を押して購入完了!

メタマスクが開く。手数料をチェックし「確認」を押して購入完了!
ちょっと高い…という場合には

「欲しいけどちょっと高い…」といった場合には、希望価格でオファーを出すこともできます。

▼「Make offer」をクリック。

▼「Make offer」をクリック。

▼希望金額を提示する。

希望金額を提示する。

オークションやオファーには「WETH」が必要になります(ややこしい!)。
メタマスクでETHをWETHに変換(swap)できます。「1ETH=1WETH」です。
※メタマスクのswapはガス代(手数料)がちょっとばかり高いです。他にswap方法は沢山ありますので、ググって調べてみてください。

メタマスクでETHをWETHに変換(swap)できます。

OpenSeaではガス代(手数料)のかからない「ポリゴン(Polygon)」という”売り場”に並ぶ作品も購入できます。イーサリアムとポリゴンの違いは【OpenSea】イーサリアムorポリゴンどっちでNFTを出すべき?をどうぞ。

②NFTを売ってみる人

NFTを売ることは、買うことより、ちょっとやる事が増えるので別の記事にまとめました。
最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】をどうぞ。
※ここまで進んでいる方は、移行先記事のステップ⑤だけでOKです!

NFT入門ロードマップ⑥】売買履歴を確認してみよう

【NFT入門ロードマップ⑥】売買履歴を確認してみよう
  1. NFTとは、何かを理解しよう
  2. NFTの注意点を知っておこう
  3. NFT売買の準備をはじめよう
  4. マーケットプレイスを知ろう
  5. いざNFTの売買をしてみよう
    → 買う:NFTアートを探そう
    → 売る:データを用意しよう
  6. 売買履歴を、確認してみよう←ココ

いよいよロードマップのゴールです!
NFTを買ったこと、NFTが売れたことを確認する方法を紹介します。

フィジカルで触れられないNFTアートですから、「所有感」ってのを感じにいきましょう( ゚∀゚)o彡°

買ったNFTを確認する

もっとも簡単な方法はOpenSeaのプロフィールを開くことです。

▼OpenSeaでアイコンから「Profile」を押す。

▼OpenSeaでアイコンから「Profile」を押す。

▼メタマスクをつなぐと、保有するNFTが表示される。

簡単ですね!

ちょっとした裏技も。「〇〇.eth」というドメインに紐づくNFTは、URLの最後に「.xyz」を付けることで見ることができます。参考までに。
例:https://tochi.eth.xyz/

売れたNFTを確認する

いつ、いくらで、誰(ウォレット)に売ったかを確認してみましょう。

Etherscan(イーサスキャン)という、イーサリアムブロックチェーンで行われた取引履歴が閲覧できるウェブページを使います。

▼OpenSeaで調べたいNFT作品のページにいき、矢印のリンクマークを押す。

OpenSeaで調べたいNFTページにいき、矢印のリンクマークを押す。

▼NFTの取引履歴が表示される。

▼NFTの取引履歴が表示される。

これだけで「なんとなくお金が増えている…」という状態から脱することができますね!

以上で、NFT入門ロードマップ完走です!
お疲れさまでした!

最後に

NFT入門ロードマップで歩んだ道のりを、おさらいしておきますね。

NFT入門ロードマップ
NFT入門ロードマップ

おっと、”STEP⑦” を忘れてました。
最後にもっとも大切なことを!

Now let’s enjoy the new technology, NFT!!
(さぁ新しいテクノロジー、NFTを楽しみましょう!!)

タイトルとURLをコピーしました