最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】

最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

あなたが下の悩みを抱えているなら、読む価値のある記事です。

「なんか最近 NFTって言葉よく聞くけど、一体何?どうやって始めるの?私の書いた絵とか、撮った写真とか売れるの?始め方を、わかりやすく教えてほしい」

上記の悩み、本記事で解決します。

本記事の内容
  • NFTって何?→ 簡単に解説
  • NFTアート販売への5ステップ
  • NFTアートを手数料なしで出品する方法

本記事で紹介することを実行して「NFTってAKB的なグループ??」だった僕も、NFTアートを販売することができました。

執筆者情報

ちなみに出品したのは、下の”力士”と筆ペン字。
ウレロ~

力士NFT
書道NFT

本記事を読めば、誰でも簡単にNFTを始めることができます

さぁクリエイターもカメラマンも副業サラリーマンも、話題のNFTの世界へ飛び込みましょう!

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する
NFTを始めるには取引通貨である仮想通貨が必要です。
「まだ仮想通貨を持ってない」という方は、まずはコインチェックなどの取引所に口座を開設しましょう!
ちなみに、どこの仮想通貨取引所でも口座開設は無料です。
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信
twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

NFTって何?→ごく簡単に解説します

NFTって何?→ごく簡単に解説します

NFTとはどんな技術で、なにがスゴイのか…を簡単に解説します。

小難しい話は要らん。売り方だけ教えてくれ、、、って方はNFTアートの販売方法まで飛んでください。

デジタル作品の所有証明

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略。

改ざんが難しいブロックチェーン技術を使って、作品の所有者情報を保証するデジタル資産のことです。

「デジタル資産」なんて難しい表現してますが、要はjpegとかpng形式の、ただの写真だったりです。

デジタル作品を唯一無二の物と証明でき、転売などの取引履歴もたどることができます。

つまり、、、購入者はデジタル作品に対して「これは俺の物だ!」と証明できるわけ。

NFTで所有者が証明されるのが、そんなスゴイことなのか?

ええ、スゴイことなんです!

これまで所有権があいまいだったデジタル商品に名札が付くわけですからね。

NFTと相性のいい下記のコンテンツでは、急速にNFT化がすすんでいます。

  • 音楽
  • デジタルアート
  • ゲームアイテム
  • ライブチケット
  • デジタル上の土地
  • トレーディングカード

NFTマーケットは大海原ですよね…可能性しか感じないわ(*´ω`*)

なぜ、これほど話題に?

NFTの認知を一気に拡大させたのは、これら目玉が飛び出るようなニュース(*_*)

  • 2021年3月。Beepleと呼ばれる無名アーティストのNFTアートが6900万ドル(約75億円)で落札
  • 同。米ツイッターの創業者によるツイッターの初投稿が291万ドル(約3億2,000万円)で落札

日本でも、小学3年生が夏休みの自由研究に制作したピクセルアートが380万円の値をつけて、話題になりました。

VRアーティスト・せきぐちあいみさんの作品は、なんと1,300万円で落札。

バブル感は否めませんが、それでも夢、ありますよね。

あなたの作品も、よもやよもや、ウン億円なんて値がつくかもしれません (・o・)

ここから、実際にNFTアートを販売する方法を解説していきます。

NFTアートを販売する方法【5ステップで出品】

NFTアートを販売する方法【5ステップで出品】

ここから、NFTアートを売る最もオーソドックスな手順をご紹介します。
※ 2021年 9月時点

NFTアートを販売するには、下記の手順が必要です。

  • 手順①:仮想通貨取引所で、仮想通貨を入手する
  • 手順②:メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  • 手順③:メタマスクに仮想通貨を入金する
  • 手順④:NFTマーケットプレイス・OpenSeaにログインする
  • 手順⑤:OpenSeaでNFTアートを出品登録する



道のり長いな…と感じるかもしれませんが、①の「仮想通貨取引所で仮想通貨を入手する」が終われば、残りは10分もあれば完了します。

「仮想通貨取引所で仮想通貨を入手する」ことも、時間はかかりません。ポチっとするだけ。最初のアカウント開設時の本人確認等、セキュリティ上の審査で多少の時間がかかります。

それでは、順に解説します。

仮想通貨取引所のアカウントを作成する

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する ← ココ
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する

NFTアートを売買するには、仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。

NFT取引の大半は、イーサリアムで行われています。

イーサリアム(正確には仮想通貨ETH)を入手するため、まずは仮想通貨取引所のアカウントを作成します。

ここでは大手のCoincheck(コインチェック)を例に、口座開設の手順を紹介しますね。

僕はbitFlyerやbitpointなど複数の仮想通貨取引所アカウントを持ってますが、コインチェックが1番使いやすいな、という感じです。

コインチェックの口座開設は、以下の流れです。

コインチェック口座開設の流れ
  1. メールアドレスとパスワードでアカウント登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認
  4. 二段階認証の設定

順に説明します。

①メールアドレスとパスワードでアカウント登録


1:まずは、下記リンクから公式サイトにいき、「会員登録」ボタンをクリック。
»コインチェック
Coincheckトップページ

2:メールアドレスとパスワードを決めて登録

メールアドレスとパスワードを決めて登録

登録したメールアドレス宛てに、メールが送信されます。

コインチェックからきたメールのURLをクリックすれば、アカウント登録完了!

コインチェックからきたメールのURLをクリックすれば、アカウント登録完了!
アプリダウンロード国内No.1!

②SMS認証

次に電話番号の認証を行います。

電話番号の認証
  1. 電話番号を入力
  2. 「SMSを送信する」ボタンをクリック
  3. 携帯電話のSMSで送られた認証コードを入力
  4. 「認証」をクリック

③本人確認

SMS認証設定の次は「基本情報の登録」と「本人確認書類の提出」を行います。

コインチェックの本人確認は「アプリからの申し込み」と「Webからの申し込み」の2種類があり、それぞれ確認方法が異なります。

コインチェックの本人確認は「アプリからの申し込み」と「Webからの申し込み」の2種類があり、それぞれ確認方法が異なります。
コインチェック公式より

申し込みが簡略化されているアプリ版がおすすめです。

「かんたん本人確認」で審査が完了すれば、すぐに利用可能です。

「かんたん本人確認」で審査が完了すれば、すぐに利用可能です。

ちなみにWeb申し込みは、ハガキの受け取りで完了。
気持ちが高ぶっているときなのに、これでは時間がかかりますね。

「登録可能な本人確認書類」を手に持って、自分の顔と一緒に撮影しアップロードしましょう。

登録可能な本人確認書類
  • 運転免許証(表面と裏面)
  • 在留カード(表面と裏面)
  • 特別永住者証明書(表面と裏面)
  • 運転経歴証明書(表面と裏面。交付年月日が2012年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(表面と裏面)
  • 個人番号カード(表面のみ、裏面は提出不要)
    ※通知カード(写真なし)」は本人確認書類としては利用不可。

本人確認完了のメールは、数日程度(最短1日)で届きます。

④二段階認証の設定

ビットコインで大儲けしてもハッカーに持っていかれたらパアなので、二段階認証の設定は必須です。

コインチェックで二段階認証を設定するのは簡単です。

1:ログインし、コインチェックのメニュー画面を開く。

1:ログインし、コインチェックのメニュー画面を開く。

2:画面上部にある「二段階認証」タブをクリック

2:画面上部にある「二段階認証」タブをクリック

3:スマホ端末の種類を選択し「設定する」をクリック

3:スマホ端末の種類を選択し「設定する」をクリック

4:「Google認証アプリ」を取得する

4:「Google認証アプリ」を取得する

二段階認証には、認証コードを生成する「Google認証アプリ」が必要になります。

iPhoneなら「Google Authenticator」を、Androidなら「Google認証システム」というアプリを、スマホにダウンロードします。

5:認証アプリからバーコードを読み取る

5:認証アプリからバーコードを読み取る

Google認証アプリからバーコードを読み取ると、6桁の認証コードが生成されます。

生成された認証コードを4番の空欄に入力します。

2のセットアップキー(シークレットキー)は電話を紛失したときなど、アカウントに戻るために必要になるキーコードなので、メモを残しておきましょう。

認証コードはワンタイムパスワードのようなもので、変化していきます。
30秒ほどで別のコードに変わるので、素早く入力しましょう。

これで、二段階認証の設定も完了!

お手持ちの口座から、作ったコインチェックの口座に入金すれば、仮想通貨が購入できます。

コインチェックへの入金から仮想通貨購入の手順はCoincheck(コインチェック)入金からイーサリアム購入まで【NFT準備】をどうぞ。

アプリダウンロード国内No.1!
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信
こちらのtwitterより「tochiblogから完了」とDMを送信
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

② メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する ←ココ
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する

MetaMask(メタマスク)とは、イーサリアム系のトークンを保管するためのWebウォレットです。

かんたんに言うと、メタマスクとはネット上にある仮想通貨の財布
このメタマスクでNFTアートの売買資金を管理します。

メタマスクを利用するには、PCの場合はWebブラウザの拡張機能を、スマホの場合はアプリをインストールする必要があります。

ここでは、PCを使ってGoogle Chromeの拡張機能としてインストールする方法をご紹介します。

Chromeに追加&設定

Chromeウェブストアで、画面右上の「Chromeに追加」をクリックします。
»https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/

メタマスクを追加

インストールが終了したら、次は初期設定を行います。

まずは、インストールされたメタマスクのアイコンをクリック。

まずは、インストールされたメタマスクのアイコンをクリックしてください。

すると以下のような画面が表示されるので「Get Started」をクリック。

「Get Started」をクリック。

初めてメタマスクを作成する場合は「Create a Wallet」をクリック。

初めてメタマスクを作成する場合は、「Create a Wallet」をクリック。

「I agree」(同意します)をクリック。

「I agree」(同意します)をクリック。

画面が切り替わったら、新規パスワードを入力します。
※次回以降、ログインする際に必要。

画面が切り替わったら、新規パスワードを入力します。

続いて、アカウントの復元に必要となる「パスフレーズ」を保存します。

下の画像の鍵マークの箇所をクリックすると、12個の英単語が表示されます。
※この12個の単語が、アカウントのパスフレーズになるので必ずメモを!

下の画像の鍵マークの箇所をクリックすると、12個の英単語が表示されます

パスフレーズはアカウントを復元させるのに必要になります。非常に重要なものなので、大切に保管するようにしましょう(紙に書いて保管するのがベター)。

パスフレーズの保存が完了したら「次へ」をクリック。

先ほど保存したパスフレーズを、順番にクリックして並べていきます。
並べ終わったら「確認」をクリック。

並べ終わったら「確認」をクリックしてください

画面が切り替わったら、「全て完了」をクリック。

画面が切り替わったら、「全て完了」をクリック。

以上で、メタマスクの初期設定は終了です!

③メタマスクに仮想通貨を入金する

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する ←ココ
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する

次にコインチェックのイーサリアムを、メタマスクへ送金します。

Chrome拡張機能から、メタマスクをクリックし起動します。

メタマスクをクリックし起動

下のアカウントにカーソルを合わせると「クリップボードにコピー」と表示されるのでクリック。

下のアカウントにカーソルを合わせると「クリップボードにコピー」と表示されるのでクリック

次にコインチェックにログインし、購入したイーサリアムをコピーしたアドレスへ送金します。

次にコインチェックにログインし、購入したイーサリアムをコピーしたアドレスへ送金します。
  • ① メニューから「コイン送金」を選択
  • ② 「Ethereumを送る」をクリック
  • ③ 宛先にメタマスクでコピーしたアドレスをペースト
  • ④ 送金金額を入力
  • ⑤ 「送金する」をクリック

「送金完了」から10分程度でメタマスクに、入金が反映されます。

コインチェックに「クイック入金」や「コンビニ入金」を使って入金した場合、7日間はコインの送金ができません。銀行振込なら制限なし。

④ OpenSeaに登録する

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする ←ココ
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する

次にOpenSea(オープンシー)に登録します。

OpenSeaは、世界最大手のNFTマーケットプレイスです。

OpenSea以外にも、Raribleなど多くのNFTマーケットがありますが、まぁOpenSeaでいいかな、と思います。「フリマサイトならメルカリ使うでしょ」みたいな感覚です。

まずOpenSeaの公式サイトにアクセスします。

OpenSeaトップページ

はじめに、OpenSeaとメタマスクアカウントを接続して会員登録します。

OpenSeaでは、メタマスクに接続するだけでOpenSeaの会員登録も完了します。
メタマスクのアカウント=OpenSeaのアカウントみたいな感じです。

OpenSeaトップページのメニューから、人物アイコンをクリックします。

OpenSeaトップページのメニューから、人物アイコンをクリック

メタマスクの「サインイン(Sign In)」ボタンをクリックし、パスワードを入力。

メタマスクの「サインイン(Sign In)」ボタンをクリックし、パスワードを入力

OpenSeaと接続するアカウントを選択し「次へ」→「接続」を押す。

OpenSeaと接続するアカウントを選択し「次へ」→「接続」を押す
OpenSeaと接続するアカウントを選択し「次へ」→「接続」を押す

これでメタマスクとOpenSeaの接続完了です。

⑤OpenSeaでNFTアートを出品する

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する ←ココ

ここから実際に、NFTアートをアップロードしていきます。

やることは、以下の2つだけです。

  1. My Collectionを作成
  2. My CollectionにNFTをアップロード

順に解説します。

My Collectionを作成

まずは「My Collection」を作成します。

「My Collection」とは、出品するNFTをまとめたフォルダのようなものです。

① My Collectionsから② Create a collectionをクリック。

My Collection詳細の入力フォームが表示されるので、下記の項目を入力しましょう。

My Collection詳細の入力フォーム
入力フォーム
  • Logo image :ロゴ画像(My Collectionのロゴになる画像)
  • Name :My Collectionの名前
  • Description:コレクションの説明文
  • Category:カテゴリー選択(検索にヒットしやすくなる)
  • Royalties:自分の商品が再販されたときのロイヤリティを設定する
  • Blockchain:EthereumかPolygonを選択(両者の特徴はこの記事を)

あとから入力や修正が可能ですので、ここはサクッとで大丈夫。

ここまでで、NFTのMy Collectionの設定は完了です。

My CollectionにNFTをアップロード

次にMy CollectionにNFTのファイルをアップロードしていきます。

① OpenSeaトップページから「作成」を押す。

① OpenSeaトップページから「作成」を押す。

※遷移する前にメタマスクで「署名」を求められることもあります。

② 出品するファイルをアップロードし詳細を記入する。

出品するファイルをアップロードする。

Openseaにアップロード可能なファイル形式は、以下となっています。

項目詳細
出品可能なデータタイプ画像、ビデオ、音楽、3Dモデル
ファイル形式JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3, WAV, OGG, GLB, GLTF
サイズ上限40 MB
ファイルをアップロード

ファイルをアップロード後、以下の項目を入力していきます。

NFT詳細入力
NFT詳細入力
NFT詳細入力

「Properties」で属性や特徴を、「Stats」で能力値を設定できたりもします。

最後に「Create」ボタンを押せば、登録完了です。

最後に「Create」ボタンを押せば、登録完了です。

この時点では売りに出されていないので注意です。

NFTの販売方式と価格設定

登録したNFTの価格を決めて、売りに出します。

まず、My Collectionに登録したNFTを選択し、右上の「Sell(売る)」を選択します。

まず、My Collectionに登録したNFTを選択し、右上の「Sell(売る)」を選択します

次に、アップロードしたNFTの販売方式を決めます。

OpenSeaで選べる販売方式は以下の3つ。

OpenSeaで選べる販売方式は以下の3つ。
  • 定価販売(Set Price)
  • オークション(Highest Bid)
  • バンドル販売(Bundle):アップロード済みの他の商品と一緒に販売

OpenSeaでは定価販売がもっとも選ばれている販売方式です。
なのでここからは、定価販売で出品する方法を解説します。

価格を決めます。

次に価格を決めます。

価格を決めたら、画面右の青ボタン「Post your listing」をクリック。

価格を決めたら、画面右の青ボタン「Post your listing」をクリック。

次にメタマスクが開き、初回出品時のみ必要となるガス代(手数料)が表示されます。
※ 2021年10月4日で0.02ETH。日本円で約9,500円…高い!(後ほど手数料を無料にする方法を紹介)

ガス代分のETHをメタマスクに入金し、「確認」を押せば、出品完了です!

ガス代分のETHをメタマスクに入金し、「確認」を押せば、出品完了です!

あとは購入者が現れることを祈るのみ、です(*´ω`*)

ガス代(手数料)高すぎ…無料で出品する方法もある

OpenSeaでは初回出品時のみ、イーサリアム利用料として発生するガス代(手数料)が必要になります。

このガス代(手数料)が、また高いのって!
(0.02ETH=約9,500円が必要。※本記事を執筆している2021年10月4日時点)

ただ、Blockchainで「Polygon(ポリゴン)」を選べば手数料なしで出品できます。

Polygonはオークションが使えないといったような制限はありますが、簡単に取引を始められるのでサクッとNFTデビューしたい方におすすめです!

手数料がほぼ掛からないPolygonはとりあえずNFTを始めてみたい方や、プレゼント企画をしたい方におすすめですが、本気でNFTを運用したいならイーサリアムかなと。理由はマーケットサイズが違うから。人が多いところに出品した方が売れる、という商いのシンプルな話です。

イーサリアムとポリゴンの違いは【OpenSea】イーサリアムorポリゴンどっちでNFTを出すべき?で詳しく解説しましたので合わせてどうぞ。

最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】:まとめ

まとめ2

どうですか?
あなたの作品、NFTとして出品することができましたか?

最後にNFTアートを販売するまでの5ステップを、おさらいしておきます。

NFT出品までの5ステップ
  1. コインチェックで口座開設し仮想通貨を入手する
  2. メタマスク(仮想通貨ウォレット)を作成する
  3. メタマスクに仮想通貨を入金する
  4. NFTマーケットOpenSeaにログインする
  5. OpenSeaでNFTアートを出品する
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信
twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

「NFTアートを購入してみたい」という方は、下の記事も合わせてどうぞ!

アプリダウンロード国内No.1!