▼【広告】PICK UP!NFTCollection▼

NFT作品の作り方を解説します【結論:ワイでもできた】

【簡単】NFT作品の作り方を解説します【結論、ワイでもできた】

こんにちは、とち( @tochi1203 )です。
アートとは無縁で生きてきました。

本記事は下の悩みを解決します。

「 NFTに興味があるけど、どうやって作るの? そもそも『 NFT作品 』ってどういうことなの? 販売方法まで、まとめて教えてほしい 」

本記事でわかること
  • NFT作品とは? 作り方がわかる
  • 作ったNFTを売る場所がわかる
  • 作ったら売れる?甘くない現実
本記事の信頼性

本記事を書く僕は、実際に下のようなNFTを作って販売しています。
※作るまで「NFT? AKB的なアイドル?」だった僕でもできました^^;

<<書道NFT>>
書道NFT
<<謎の生物NFT>>
謎の生物NFT
<<力士NFT>>
力士NFT

実はNFTアートを作るのは、とっても簡単!
そう、誰だってできます (*´ω`*)

本記事はNFTの作り方から販売場所、売れるNFT作品のヒントまでわかる構成です。

本記事を読んで、是非「NFTクリエイター」デビューしてくださいね!!

NFT作品の販売には、取引通貨の仮想通貨が必要です。
「まだ仮想通貨を持ってない」という方は、まずはコインチェックなどの取引所で口座開設しましょう。
※ちなみにNFTの「販売」にも仮想通貨が要ります。最初の出品時にガス代(手数料)がかかるためです。

もらっておきましょう
ちなみにDMM Bitcoinなら口座開設だけで2,000円もらえます。お得なので、プレゼントもらっておきましょう。

参考» 【実証】DMM Bitcoinなら0円でNFTが始められる【2,000円貰える&手数料なし】

【前提】作り方の前に…。「NFT作品」とは?サクッと解説

【前提】「NFT作品」って何?

前提なので、サクッといきます。

NFT作品とは「唯一無二のID(番号)が付いたデジタルデータ」のこと。

NFT作品

簡単すぎですが、以上の理解でOKです。
深く知らなくてもNFTは作れますので笑。

NFTについて、もっと知りたい方はNFTを世界一わかりやすく解説します【理解度チェックテスト付き】をどうぞ。

では、デジタルデータに「唯一無二のID(番号)」を付けるには、どうすればいいのかー。

次項で「NFTの作り方」を見ていきましょう!

NFT作品の作り方を解説します【マーケットに出すだけ】

NFT作品の作り方を解説します【マーケットに出すだけ】

さっそく、NFT作品の作り方を解説します。

NFT作品の作り方
マーケットプレイスに出すだけ

結論からいうと「NFT作品」にするには、デジタルデータをNFTマーケットプレイスに出せばOK。

NFTのミント(発行=作成)機能を備えているNFTマーケットプレイス限定の話ですが、今や主要なNFTマーケットプレイスは、大半が独自のミント機能を付けています。

NFTマーケットプレイスにアップロードした作品が、唯一性のあるデータを付与されて「NFT作品」となります。

NFT販売イメージ

「それだけ?」と思うかもですが、ほんとに「NFTマーケットプレイスに出すだけ」です。スマートコントラクトという技術で、作品に唯一無二のデータが付与されます。
参考 スマートコントラクトとは(図解)

たとえば、後で詳しく紹介する世界最大のNFTマーケットプレイスOpenSeaでは、デジタル作品をアップロードすると、以下のように赤枠内のデータが付与されます。

たとえば、後で詳しく紹介する世界最大のNFTマーケット・OpenSeaでは、以下のようにデジタル作品をアップロードするだけで赤枠内のデータが付与されます。

並んだ英数字は「なんのこっちゃ」かもですが、このような「唯一無二のデータが付けられる」ことだけ、覚えておけばOKです。

「NFTの作り方」は、つまりデジタルデータをNFTマーケットプレイスに出すだけのこと。
超簡単ですねー (*´ω`*)

要領はメルカリと同じですね。1度やってしまえば、発送がない分、メルカリよりラクだったりです(*´ω`*)

NFT作品を作って、販売する一連の流れは最も簡単にNFTアートを販売する方法【5ステップで出品】をどうぞ。
※すべて画像付きで、つまづきなくNFTデビューできる構成です。

「NFT作品」にできるもの

「NFT作品」なんて小難しい言い方ですが、要はjpegやpngといった単なるデジタル画像です。

つまり、パソコンやスマホによる制作物、写真など、すべてが「NFT作品」になりえます。

動画、音楽、ゲームアイテムなど、あらゆるデジタルデータがNFTにできます。
参考 OpenSea(NFTマーケットプレイス)がサポートしているファイル形式。
→ JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3, WAV, OGG, GLB, GLTF

ただの画像データ

(参考)デジタル作品の作り方

あなた自身が作るなら

NFT作品は、IllustratorかPhotoshopで作られた制作物が多いです。
(NFTに限らずですね…)

参考までですが、NFTアートのカルチャー的な存在になっているドット絵は、Illustratorを使って一撃でできます(下動画)。

スマホアプリの8bit Painterでも、とても気軽にドット絵が作れます。

8bit Painter
8bit Painter
8bit Painter
開発元:Takayuki Miyagawa
無料
posted withアプリーチ

依頼もOK!

もちろん、あなたがクリエイティブなことが苦手なら、ココナラなどでクリエイターに依頼した作品でも出品できます。

クリエイターに依頼する場合、商用・転売利用の許可を得ておきましょう。
売上の取り分も打ち合わせておくと、揉めるリスクを減らせると思います(*´ω`*)

実際、クリエイターに依頼して、NFTを出品している方もたくさんいますよ。
代表的なのが下記の方々。

イケハヤさん(インフルエンサー)→「CryptoNinja」

るいこさん(NGO団体代表)→「CryptoBeautiful」

ハラペーちゃん(サウナー)→「CutePigs」

デジタルデータをNFT作品化するには、NFTマーケットプレイスに出すだけ。

では次項、どんなNFTマーケットプレイスがあるのかを見にいきましょう( ゚∀゚)o彡°

NFT作品の作り方:NFTマーケットプレイスを紹介

NFT作品の作り方:どんなNFTマーケットプレイスがある?

ここからは、どんなNFTマーケットプレイスがあるのか、どこを選ぶべきか、を見ていきます。

NFTマーケットプレイス

国内外の代表的なNFTマーケットプレイスが下記の9つ。

  1. OpenSea:ユーザー&取引量ともに世界最大
  2. LooksRare:OpenSeaを倒す存在となるかー
  3. MagicEden:ユーザー急増中。勢いはNO.1!
  4. Foundation:日本人に人気。アート系が中心
  5. Rarible:独自コントラクトで、出品ができる
  6. AtomicMarket:複合型。いわば、「モール」
  7. tofuNFT(国内):異色の逆輸入マーケット
  8. コインチェックNFT(国内):取引所が運営
  9. 楽天NFT(国内):第1弾は「ULTRAMAN!」

上記のとおりで、他にも沢山のNFTマーケットプレイスが存在します。

上で挙げたほぼ全てのNFTマーケットプレイスが、NFTのミント(発行=作成)機能を備えています。

各マーケットの特徴を詳しく知りたい方は【2022年最新】NFTマーケットプレイス9つを紹介【どこを使えばいいか分かる】をどうぞ。

「で、結局どこがいいの?」ですね…ww

結論をいうと、最初はOpenSea一択でいいでしょう。

次でくわしく解説します。

OpenSeaで始めよう

NFTを始めるなら、おすすめはOpenSea(オープンシー)です。
» OpenSea公式

理由はシンプル。流通量、利用者数ともにナンバーワンだから。
参考 【回答】NFTどこで買える?→最初はOpenSea一択です

物を買うとき「Amazon使うよね」といった感覚です。実際、OpenSeaは「NFT界のAmazon」なんて言われているとか…。

新しくNFTを始める方向けに、情報が多いのもメリットです。

よほどのこだわりがない場合は、OpenSeaでNFTを始めてみましょう!

OpenSeaでNFTを始めるにはOpenSea(オープンシー)の使い方が0から分かる【NFT出品も購入も簡単】をどうぞ。全画像付き解説なので、つまずきなくNFTを始められますよ!

※OpenSeaの利用には、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要になります。
仮想通貨を持っていない人は、まずコインチェックなどの取引所に口座を開設しましょう!

もらっておきましょう
DMM Bitcoinなら口座開設だけで即時2,000円もらえます。せっかくのプレゼント、もらっておきましょう。

【現実】NFT作品を作っても、売れるかは別問題

【現実】NFTを作っても売れるかは別問題です

最後は、ちょっと厳しい現実の話も。

2022年春には、LINEや楽天といった大企業も参入しました。
NFT市場は盛り上がっていますが、「出せば売れる」甘い世界でないことだけは言っておかねばです。

理由はシンプルで、買う人が絶望的に少ないから。

2022年4月現在。日本のNFT購入者(10万円以上の規模感)は、1,000人にも満たないでしょう。(←ウォレットからの概算)
参考データ DappRader

どんなNFTが売れる?

どんな作品が「ウケる」のかは、コレクターさんのギャラリーが参考になります。

ギャラリーに並んでいるのは、実際に「売れた」作品ですからね。

著名なNFTコレクターさんのギャラリーを紹介しますね。

うみつる美術館
Blue Sky Museum
EXILE関口メンディーさんのギャラリー
恐縮です僕(筆者)のギャラリーも

僕の運営する日本産NFT紹介サイト「We’re Japan NFT Creators!!」には、日本のトップNFTクリエイターが集まっています。ぜひ、NFT制作の参考にご活用ください(^_^)

NFTアートの販売手順

NFT作品の作り方を解説します【結論:ワイでもできた】:まとめ

まとめ2

以上が、NFT作品の作り方でした。
まとめると以下2つ。

  1. デジタル作品を用意する。
  2. NFTマーケットプレイスに出す。
    ※ミント(=NFTを作る)機能を使う

上記のとおり。
ほんと、これだけ。

では!

Enjoy the new technology, NFT !!
(新しいテクノロジー、NFTを楽しみましょう!!)

無料でNFTデビュー
\TwitterでNFT情報発信中!/

タイトルとURLをコピーしました