NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

こんにちは、とち( @blue_chikippaa )です。

下の悩みがあるなら、読む価値のある記事です。

悩む人

「 NFTに興味があるけど、どうやって作るの? そもそも『 NFT作品 』ってどういうことなの? 販売方法まで、まとめて教えてほしい 」

上記の悩み、本記事で解決します。

本記事の内容
  • NFT作品の作り方がわかる
  • 主要NFTマーケットがわかる
  • NFT作品の販売方法がわかる

本記事を書く僕は、実際にNFTで作品を売買しています。

<< 買う >>
購入
<< 売る >>
出品
執筆者情報

本記事を読めば、誰でも、かんたんにNFT作品の作り方がわかり、さらに作品を販売する方法もわかりますよ!

NFT作品を売るには、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。
「まだ仮想通貨を持ってない」という方は、まずはコインチェックなどの取引所に口座を開設しましょう!
ちなみに、どこの仮想通貨取引所でも口座開設は無料です。
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 本ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信
twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

さっそく、NFT作品の作り方を解説します。

NFTマーケットに出すだけ

結論からいうと、「NFT作品化」にするには、NFTマーケットに出品すればOK。

NFTマーケットに出品した作品が、唯一無二の非代替性(代わりがないということ)データを付与されて「NFT作品」となります。

たとえば、のちほど詳しく紹介する世界最大のNFTマーケットプレイス・OpenSeaだと、以下のように作品に対して唯一のデータが付きます。

マーケットに出品するだけのこと。
メルカリとかのフリマサービスと同じですね。

小学生だってできますし、事実やってますね (゜o゜;

NFT作品にできるもの

「NFT作品」なんて小難しい言い方ですが、要は単なるjpegやpngといった画像です。

動画、音楽、ゲームアイテムなど、あらゆるデジタル作品がNFTにできます。

なので、あなたのデジタル制作物や撮った写真など、オリジナルなものは全て「NFT作品」になりえます。

ただの画像データ

NFTマーケットにあるデジタル作品は、IllustratorかPhotoshopかで作られた制作物が多い印象です。参考までですが、NFTアートのカルチャー的な存在になっているドット絵なんかは、Illustratorを使って一撃でできます。

もちろん、あなた自身、クリエイティブなことが苦手なら、ココナラなどのスキルシェアサービスを使ってクリエイターに依頼した作品でもOKです。

クリエイターに依頼する場合、商用・転売利用の許可は必要ですね。
「NFTマーケットに出したい」と言っても、まだなかなか通じないのがツライところですが…。

NFT作品の作り方:どのNFTマーケットが良い?

NFT作品の作り方:どのNFTマーケットが良い?

ここからは、どんなNFTマーケットプレイスがあるのか、どこを選ぶべきか、を見ていきます。

代表的なNFTマーケット

国内外、代表的なNFTマーケットは以下。

  • OpenSea:世界一流通量が多い。『NFT界のAmazon』。
  • Miime:ゲームキャラクターをユーザー同士で売買できる。
  • Rarible:アカウントさえ作成すれば、簡単に売買できる。
  • NBA Top Shot:NBAのNFTデジタルトレカを販売している。
  • Coincheck NFT:仮想通貨取引所コインチェックが運営(※ベータ版)。

他にも、たくさんNFTマーケットプレイスは存在します。

ただ、「NFTマーケット」とか言いつつ、その実ブロックチェーンで動いていないようなサービスまである世界。
”品定め”は必要です。

OpenSeaで始めよう

本記事を書いている2021年10月時点、おすすめはOpenSea(オープンシー)です。

※2021年10月時点と加えたのは、NFT市場は変化がめまぐるしく、極端な話、1ヶ月後にはもっと魅力的なマーケットが出てくる可能性もあるためです。

理由は単純で、流通量、利用者数が圧倒的に多いから。

現実世界で物を買う時、Amazon使いますよね、といった感覚です。実際OpenSeaは「NFT界のAmazon」なんて言われています。

なので、結論。

よほどのこだわりがない場合は、OpenSeaを使いましょう。

OpenSeaの利用には、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要になります。
仮想通貨を持っていない人は、まずコインチェックで口座を開設しましょう。

作ったNFT作品をOpenSeaで売るには【別記事で詳しく解説】

作ったNFT作品を売るには

OpenSeaに出品すれば、そのまま、その作品が「NFT作品」となることを説明しました。

OpenSeaに出品には、少し手順が必要になってくるので最も簡単にNFTアートを販売する方法で詳しく解説しました。

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】:まとめ

まとめ2

以上が、NFT作品の作り方でした。

まとめると以下2つ。

  1. デジタル作品を用意する
  2. NFTマーケット(おすすめはOpenSea)に出品する

上記のとおり、これだけです。

OpenSeaを利用するまでには、多少あれやこれやありますが、OpenSea(オープンシー)の使い方が0から分かるを読めば理解が早いと思います。