日本発NFTを紹介する「We're Japan NFT Creators!!」公開 »

【超簡単】NFT作品の作り方を解説【結論:マーケットに出すだけ】

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

こんにちは、とち( @tochi1203 )です。

本記事は下の悩みを解決します。

「 NFTに興味があるけど、どうやって作るの? そもそも『 NFT作品 』ってどういうことなの? 販売方法まで、まとめて教えてほしい 」

本記事の内容
  • NFT作品の、作り方がわかる
  • 主要NFTマーケットがわかる
  • 「売れる」NFTが、わかる
本記事の信頼性

本記事を書く僕は、実際に下のようなNFTを作って販売しています。

<<書道NFT>>
書道NFT
<<謎の生物NFT>>
謎の生物NFT
<<力士NFT>>
力士NFT
執筆者情報

実はNFTを作るのは、とっても簡単です!
そう、誰だってできます。

本記事ではNFTを作ってからの販売の仕方まで解説しますので、安心してくださいね。

では早速、NFTの作り方を見ていきましょう!

NFT作品の販売には、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。
「まだ仮想通貨を持ってない」という方は、まずはコインチェックビットフライヤー に口座を開設しましょう!
ちなみに、どっちの仮想通貨取引所でも口座開設は無料です。
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信。
② twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信。
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】

さっそく、NFT作品の作り方を解説します。

NFTマーケットに出すだけ

結論からいうと「NFT作品」にするには、デジタルデータをNFTマーケットに出せばOK。

NFTマーケットにアップロードした作品が、唯一性のあるデータを付与されて「NFT作品」となります。

NFT販売イメージ

「それだけ?」と思うかもですが、ほんとに「NFTマーケットに出すだけ」なんです^^;
スマートコントラクトという技術で、作品に唯一無二のデータが付与されます。
参考:スマートコントラクトとは(図解)

たとえば、後で詳しく紹介する世界最大のNFTマーケット・OpenSeaでは、以下のようにデジタル作品をアップロードするだけで赤枠内のデータが付与されます。

たとえば、後で詳しく紹介する世界最大のNFTマーケット・OpenSeaでは、以下のようにデジタル作品をアップロードするだけで赤枠内のデータが付与されます。

羅列する英数字はなんのこっちゃかもですが、このような「唯一無二のデータが付けられる」ということだけ、覚えておけば十分です。

つまり、マーケットに出品するだけのこと。

要領は、メルカリとかのフリマサービスと同じですね。
1度やってしまえば、発送がない分、メルカリよりラクだったりです(*´ω`*)

NFTにできるもの

「NFT作品」なんて小難しい言い方ですが、要はjpegやpngといった単なる画像です。

動画、音楽、ゲームアイテムなど、あらゆるデジタルデータをNFTにできます。

なので、あなたのデジタル制作物や撮った写真など、すべてが「NFT作品」になりえます。

ただの画像データ

【参考】NFT化するデジタル作品の作り方

あなた自身が作るなら

NFT作品は、IllustratorかPhotoshopかで作られた制作物が多い印象です。
(NFTに限らずですが…)

参考までですが、NFTアートのカルチャー的な存在になっているドット絵は、Illustratorを使って一撃でできます(下動画)。

「illustratorとか使えないし…」という方は、写真をNFTにしてみるのが、もっとも手軽と思います。

依頼しても、もちろんOK

もちろん、あなたがクリエイティブなことが苦手なら、ココナラなどでクリエイターに依頼した作品でも出品できます。

クリエイターに依頼する場合、商用・転売利用の許可を得ておきましょう。
売上の取り分も打ち合わせておくと、揉めるリスクを減らせると思います(*´ω`*)

実際、クリエイターに依頼して、NFTを出品している方もたくさんいますよ。
代表的なのが下記の方々。

イケハヤさん(インフルエンサー)→「CryptoNinja」
るいこさん(NGO団体代表)→「CryptoBeautiful」
ハラペーちゃん(サウナー)→「CutePigs」

NFT作品の作り方:出すならどのNFTマーケットが良い?

NFT作品の作り方:どのNFTマーケットが良い?

ここからは、どんなNFTマーケットプレイスがあるのか、どこを選ぶべきか、を見ていきます。

代表的なNFTマーケット

国内外、代表的なNFTマーケットは以下。

  • 【海外】OpenSea:流通量世界一。『NFT界のAmazon』。
  • 【海外】Foundation:アート系が多い。招待制で質を担保。
  • 【海外】Rarible:アカウントさえ作成すれば、簡単に売買。
  • 【国内】Coincheck NFT(β版):仮想通貨取引所が運営。
  • 【国内】tofuNFT:海外で実績を作り、日本に参入。異色。

他にも、たくさんのNFTマーケットプレイスが存在します。

さらに詳しく知りたい人は国内外NFTマーケットプレイス9つを比較【どこで出品すべきか分かる】をどうぞ。

「で、結局どこがいいの?」ですよね^^;

結論いうと、最初はOpenSea一択でいいでしょう。

次項で詳しく解説します。

OpenSeaで始めよう

NFTを始めるなら、おすすめはOpenSea(オープンシー)です。
» OpenSea公式

理由はシンプル。
流通量、利用者数ともに圧倒的No.1だから。

物を買うとき「Amazon使うよね」といった感覚です。
実際OpenSeaは「NFT界のAmazon」なんて言われています。

新しくNFTを始める方向けに、情報が多いのもメリットです。

よほどのこだわりがない場合は、OpenSeaでNFTを始めてみましょう!

OpenSeaでNFTを始めるなら【2022年】NFTの始め方5ステップを解説【130枚の画像付きで迷わない】をどうぞ。全画像付きで解説しているので、つまずくことなくNFTを始めるられますよ。

※OpenSeaの利用には、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要になります。
仮想通貨を持っていない人は、まずコインチェックビットフライヤー で口座を開設しましょう。
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信。
② twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信。
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。

【現実】NFTを作っても売れるかは別問題です

【現実】NFTを作っても売れるかは別問題です

最後は、ちょっと厳しい現実の話も。

2022年春にはLINEや楽天といった大企業も参入予定で、NFT市場は盛り上がってますが「出せば売れる」甘い世界じゃありません。(←重要)

理由はシンプルで、購買層がまだまだ少ないから。
(日本では、10万円ほどの規模でNFTを買ってるのは100人にも満たないと言われてます※2022年1月)

どんな作品が「ウケる」のかは、コレクターさんのギャラリーを見てみるのが参考になると思います。
並んでいるのは、実際に「売れた」作品ですから。

国内NFTコレクターのギャラリーを紹介しておきますね。

うみつる美術館
Blue Sky Museum
EXILE関口メンディーさんのギャラリー

最後にちょっと手前味噌ですが、僕の運営している日本産NFT紹介サイト「We’re Japan NFT Creators!!」にも日本のトップクリエイターの作品が集まっています。ぜひ、NFT制作の参考に活用ください(^_^)

【超簡単】NFT作品の作り方を解説します【結論:マーケットに出すだけ】:まとめ

まとめ2

以上が、NFTの作り方でした。
まとめると以下2つ。

  1. デジタル作品を用意する
  2. NFTマーケットに出品する

上記のとおり、これだけです。

実際に出品する手順は【2022年】NFTの始め方5ステップを解説【130枚の画像付きで迷わない】で詳しく解説していますので、合わせてどうぞ!

NFT作品の販売には、取引通貨である仮想通貨(主にイーサリアム)が必要です。
「まだ仮想通貨を持ってない」という方は、まずはコインチェックビットフライヤー に口座を開設しましょう!
ちなみに、どっちの仮想通貨取引所でも口座開設は無料です。
【応募方法】
条件をクリアした方は、下記のいずれかでご連絡をください。
① 当ブログの問い合わせより「NFTプレゼント」を選択し送信。
② twitterで「tochiblogから完了」とDMを送信。
確認が取れ次第、プレゼント送付させていただきます。