日本初のJapan NFT Artメディア「WJNC!!」»

【OpenSea】ポリゴンETHをガス代無料で入手する【実証!わずか42分】

【OpenSea】ポリゴンETHをガス代無料で入手する【実証!わずか42分】

こんにちは、とち( @tochi1203 )です。
NFT大好きです。安い方がうれしいです。

本記事は下の疑問に答えます。

「OpenSeaのポリゴンで欲しいNFTがある!でも、ポリゴンのETHを持ってない!できるだけ簡単に、安く、ポリゴンETHを手に入れたい!!」

本記事を読むと、最終的にOpenSeaの財布にポリゴンETHが入っている状態(下記)になります。

OpenSeaの財布
OpenSeaウォレット

結論からいうと、日本円ステーブルコイン・JPYCを使います。

JPYCを使えば、「42分で!」「ガス代なしで!」ポリゴンETHを入手できます。
※「42分」はあくまで筆者が要した時間です。

日本円ステーブルコイン

日本円の価値に連動する仮想通貨。つまり、1JPYC=1円。
※ JPYCは厳密には仮想通貨ではありません。ここは本記事の主旨ではないため説明を省かせてもらいます。1JYPC=1円」とだけ、覚えておけば OKです。

「ポリゴンのETHとか、イーサリアムのETHとか、わけわかめ!」という方は、【OpenSea】イーサリアムorポリゴンどっちでNFTを出すべき?を一読すると、理解が早まると思います。

では、さっそくポリゴンETHをゲットしにいきましょう!

「WETH」「紫ETH」…呼び名は様々ありますが、本記事では「ポリゴンETH」と表記しますね。

※構成:今回はJPYCのスピード感も伝えたいため、実際に僕がポリゴンETHの入手までに要した時間も併記します m(__)m

【OpenSea】ポリゴンETHをガス代無料で入手する【実証!わずか42分】

【OpenSea】ガス代無料でNFTを購入する方法【実証:42分でポリゴンETHを入手する】

ポリゴンETHは、下の3ステップで入手できます。

  1. JPYC社のフォームに入力する
  2. JPYC指定口座に円を振り込む
  3. JPYCをポリゴンETHに替える

上記の3つだけ。
順に説明します。

①JPYC社のフォームに入力する

JPYC公式サイトにいき、購入フォームを入力していきます。

▼「JPYCを購入する」を押す。

「JPYCを購入する」を押す

▼「同意します」を押す。

「同意します」を押す。

▼名前をカタカナで記入する。

名前をカタカナで記入する。

▼購入額を記入する。(10,000円分=10,000JPYC)

購入額を記入する。(10,000円分=

▼メールアドレスを入力する。

メールアドレスを入力する。

▼送信先ネットワークで「Polygon(Matic)メインネット」を選ぶ。

送信先ネットワークで「Polygon(Matic)メインネット」を選ぶ。

▼送信先アドレスを入力する。

メタマスクのウォレットアドレスは、メタマスクを起動後、矢印のところを押せばコピーできます!
※まだメタマスクを持っていないという方は、メタマスクの作成方法を全画像付きで解説します【3分で完了】をどうぞ。タイトルのとおり、3分あれば作れます。

メタマスクのウォレットアドレス
送信先アドレスを入力する。

▼入力内容を確認して「送信」を押す。

入力内容を確認して「送信」を押す。

▼フォーム送信完了!

フォーム送信完了!

②JPYC指定口座に振り込み

つづいて、入力した金額を下記の指定口座に振り込みます。

  • 銀行名:GMOあおぞらネット銀行(金融機関コード0310)
  • 支店名:法人第二営業部(102)
  • 口座の種類:普通預金
  • 口座番号:1108585
  • 口座名義:ジェーピーワイシー(カ JPYCトリヒキヨウ

口座番号等、必ず公式サイトを確認してください。

振り込みが完了すれば、JPYC社からメタマスク(Webウォレット)にJPYCが送金されます。
この間に、メタマスクの設定をやっておきましょうか!
(既に設定できている方は飛ばしてください)

時計
13時06分、振り込み完了!(楽天銀行利用)
僕が振り込み(楽天銀行利用)を終えたのが13時06分。
メタマスクのJPYC入金確認

メタマスクにポリゴンのネットワーク(Matic mainnet)を追加する必要があります。
まだメタマスクにポリゴンネットワークを加えていない方は、下の手順でどうぞ。

▼①メタマスクを起動し、矢印の部分を押す。

①メタマスクを起動し、矢印の部分を押す。

▼②「ネットワークの追加」を押す。

②「ネットワークの追加」を押す。

▼③「ネットワーク情報」を入力する。

③「ネットワーク情報」を入力する。

上の①〜⑤を、下のとおりに入力してください。
ポリゴン公式ブログに掲載されているネットワーク情報)

  • ①ネットワーク名:Matic Mainnet(←名前はなんでもいい)
  • ②新規RPC URL:https://polygon-rpc.com/
  • ③チェーンID:137
  • ④通貨記号:MATIC
  • ⑤ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

▼④追加したネットワークを確認する

④追加したネットワークを確認する

以上で、メタマスクへのポリゴンネットワーク追加は完了です!
合わせて「JPYCトークン」も加えておきましょう!

JPYC公式サイト下部にあるMaticコントラクトアドレスの「きつね(メタマスク)」マークを押すだけでOKです。

JPYC公式サイト下部にあるMaticコントラクトアドレスの「きつね(メタマスク)」マークを押すだけでOKです。

下のようにMatic MainnetにJPYCが追加されていればOKです。
JPYCが入金されるのを待ちましょう!

下のようにMatic MainnetにJPYCが追加されていればOKです。
時計
13時43分、メタマスクに反映!早い!!
13時43分、メタマスクに反映!早い!!

メタマスクには購入したJPYCと合わせて、0.1MATICがプレゼントで届きます!
この0.1MATIC、実はこの後、めちゃめちゃ助かります(*´ω`*)

メタマスクには購入したJPYCと合わせて、0.1MATICがプレゼントで届きます!
0.0011MATICはもともと入っていたものです…

③JPYCをポリゴンETHに交換する

メタマスクのJPYCをポリゴンETHにスワップ(交換)します。


スワップ(swap)=同じブロックチェーン内での交換
似た用語の「ブリッジ」は、異なるブロックチェーン間の移動

いろんなスワップ(交換)できるサービスはありますが、ここでは操作が簡単なQuickSwapで説明しますね!

時計
14時43分、スワップ開始!
14時43分、スワップ開始!

▼①QuickSwapにアクセスしメタマスクを接続する

①QuickSwapにアクセスしメタマスクを接続する

▼②Fromに「JPYC」を、toに「ETH」を選択。金額入力後「Approve」を押す。
※ JPYCに金額を入力すると、自動でETHの金額が出ます。
※ maxを押すと手持ちのJPYC全額が表示されます。ETHは黒ETHでOK。

②Fromに「JPYC」を、toに「ETH」を選択。金額入力後「Approve」を押す

▼③メタマスクが開くので「確認」を押す。
※ Approve作業は初回のみ必要(ガス代も)。
※ 0.02maticは約
2円(2022年2月レート)。

③メタマスクが開くので「確認」を押す

▼④:つづいてSwap→ConfirmSwap→メタマスク「確認」を押す。
※ガス代の0.02maticは約2円(2022年2月レート)

④:つづいてSwap→ConfirmSwap→メタマスク「確認」を押す
ConfirmSwap
メタマスク「確認」を押す

▼⑤「Transaction Submit」が出ればOK!
JPYC→ポリゴンETHへの交換完了です。

「Transaction Submit」が出ればOK!

メタマスクも確認しておきましょう!

メタマスク確認
ETHが多いのは、元々少し入っていました…。
時計
14時48分スワップ完了!
14時48分スワップ完了


スワップ自体は5分で終わりました。

かかった時間

まとめると【JPYC入手→ポリゴンETHへの交換】にかかった時間は下記。

  1. 日本円振込〜メタマスク反映:37分
  2. JPYC入手→ポリゴンETHスワップ:5分
    ====
    計42分!!

たった42分!
素晴らしいですねー!
(あくまで僕のケースです)

補足ですが、ガス代が足りない場合、Polygon Faucetなどで少量のmaticをもらうことができます。こういったFaucet(蛇口)サービスは色々とありますが、あくまで自己判断でお願いしますm(__)m
OpenSeaでもポリゴン作品の購入にmaticが必要になる、とのウワサもあり、いずれにせよ多少のmaticは入手しておいた方が便利かもです。

ポリゴンETHでNFTを購入する手順は、OpenSea(オープンシー)の使い方が0から分かる【NFT売買、簡単です】で詳しく書きました。合わせて、どうぞ。

ガス代無料でOpenSeaのNFTを購入できるJPYCの革新性を語る!

ガス代無料でOpenSeaのNFTを購入できるJPYCの革新性を語る!

JPYC、スゴいです!
いや、ほんと。

僕が感じたJPYCの革新性は下記の2点。

  • 仮想通貨取引所の口座なしにNFTが買える
  • イーサリアム(ガス代高い!)の経由不要

従来の「ポリゴンETH」を手に入れる一般的な手順が下記。

① 仮想通貨取引所で口座開設
↓↓↓
② イーサリアムETHを入手する
↓↓↓
③ イーサリアムETHをポリゴンETHに替える

仮想通貨取引所の口座開設に1〜3日、さらにイーサリアム(ブロックチェーン)利用時の高額なガス代…。「時間」と「無料」を、ことさらに強調した理由が、ここにあります。

仮想通貨取引所、イーサリアム…この2つをすっ飛ばして「ポリゴンETH」を入手できるルートを作った、、、これが「JPYCスゴい!」なんです。

言っておかねば、ですね。
岡部さん(JPYC社・社長)、ありがとうございますm(__)m

【経験談】イーサリアムのガス代高騰時、0.1ETHのブリッジ(イーサリアムETH→ポリゴンETH)に6万円を要求されたことも。さすがに、あきらめました…。
ポリゴンETHをゲットするのは、ちょっとしたハードルでした。

さいごに、結構大事なこと

JPYCを使えば、仮想通貨取引所の口座開設なしに、NFTの購入ができます。
とはいえ、このままでは「出口」がありませんね…。
(ポリゴンETHを、最終的に日本円に戻すルートです。)

まだ仮想通貨取引所の口座をもっていない方はコインチェックビットフライヤーで口座開設しておきましょう。

国内の仮想通貨取引所で口座を持っていれば、ポリゴンETHを最終的に日本円にして出金できます。

ポリゴンETHは、国内の仮想通貨取引所に直接送ることはできません。
一度、イーサリアムETHへの変換が必要です。(ややこいですね^^;)
参考 NFTに潜むリスクを解説【これだけ覚えて帰ってください】

実はJPYCには非公式のJPYC買取所が存在しますが、下記のとおり手数料がかかります。
(手数料なしだと1JPYC=1円)

実はJPYCには非公式のJPYC買取所が存在しますが、下記のとおり手数料がかかります。

さらに、銀行振込の手数料もかかるので、うーん…、といった感じですね。
一応リンク、貼っておきます。
» JPYC買取所

最後が長くなりました。
では、この辺で!

Let’s enjoy the new technology NFT!!
(新しいテクノロジーNFTを楽しみましょう!)

最新!NFTの始め方OpenSeaの使い方
\TwitterでNFT情報発信中!/

タイトルとURLをコピーしました