【筆者体験ベース】おすすめ副業10選>>>

プロ野球(2020年)見るならDAZN?スカパー?【元スポ新聞記者が解説】

プロ野球(2020年)見るならDAZN?スカパー?【元スポ新聞記者が解説】
とち
とち

産経新聞社サンスポ記者として

  • Jリーグ
  • プロ野球
  • オリンピック
    などを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在は独立して、いろいろ書きながら生きてます。

2020年プロ野球は入場制限などでスタジアム観戦は難しいでしょうから、中継で楽しむ機会が増えそうです。

では地上波中継が少ない昨今、プロ野球を見るにはどういった視聴方法があるのでしょうか?

代表的なサービスが『DAZN』と『スカパー!』です。

でもDAZNとスカパー!は、どこがどう違うの?
どっちを選べばいいの?

『DAZN』と『スカパー!』を利用したプロ野球視聴歴が計7年になる僕が解説します。

結論から言うと、今ならDAZNがおすすめです。

ただ本記事を読んでから決めても遅くないので、じっくり検討してみてください。

DAZN〈無料体験を申し込む〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

DAZNの2020年プロ野球放送の特徴

DAZN(ダゾーン)の2020年プロ野球放送の特徴がこちら。
  1. 広島を除く11球団の主催試合放送
  2. 月額料金がスカパーの半額以下
  3. ネット配信のため画質が通信環境に依存する
  4. 申し込みが簡単!すぐ見られる
  5. 1ヶ月の無料お試し期間がある

DAZN①:広島除く11球団の主催試合放送

DAZN(ダゾーン)は広島を除く11球団の主催試合を放送。

唯一対象外の広島も、ビジターゲームは観戦可能です。
なので実質的には、全球団をカバーしてます。

マツダスタジアムは独特の雰囲気があるため『どうしても広島のホームゲームが見たい!』という人は向かないです。

なぜ広島1球団だけDAZNと契約しないのかー。
このあたりのナゾは【摩訶不思議】DAZNで広島カープ戦が見れないのはナゼ?で考察しています。

DAZN②:月額料金がスカパーの半額以下

DAZNの月額料金は1,750円(税別)。
スカパーの半額以下の値段で利用できます。

さらにドコモユーザーなら980円(税別)と破格です。特別価格で入会するには必ずDAZN for docomoから登録してください。

DAZN③:ネット配信のため画質が通信環境に依存

DAZNはいつでもどこでも見られるネット配信が魅力ですが、通信環境によっては画質が荒くなることもあります。

僕の場合、GMOとくとくBBのモバイルWI-FI・WIMAXを使ったネット環境ですが、多機種同時接続&通信制限がかかった状況だと、フリーズすることがあります。

録画もできないですが、代わりに『1ヶ月の見逃し視聴』が可能です。

「やっぱりプロ野球はテレビの大画面で見たい」という方はDAZN(ダゾーン)テレビで見る方法【5策紹介】をどうぞ。

DAZN④:申し込みが簡単!すぐ見られる

DAZNに登録・入会するには、公式ホームページからアカウント(名前、メールアドレス)を作成し、支払方法を選択するだけ。

大げさじゃなく、プレーボール1分前で間に合うほど簡単です。
登録方法はDAZN(ダゾーン)の登録・契約方法を解説をご参考にどうぞ。

DAZN⑤:1ヶ月の無料お試し期間がある

スカパーの加入月に対して、DAZNは登録から1ヶ月の無料期間があります。

つまり月初を見計らってという、タイミング伺いは不要です。

DAZN〈無料体験を申し込む〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

『スカパー!プロ野球セット』2020年の特徴

『スカパー!プロ野球セット』2020年の特徴
スカパー!プロ野球セットの放送概要はこちら。
  1. 12球団公式戦を完全放送
  2. 月額料金がDAZNの倍以上
  3. テレビ番組と同じ高画質&安定度
  4. 見るまでがちょっとメンドイ
  5. 『スカパー!オンデマンド』でスマホ観戦

スカパー①:12球団公式戦を完全放送

スカパー!プロ野球セットの特徴は、その網羅性。
始球式からヒーローインタビューまで完全放送です。

12球団の公式戦はもちろん、クライマックス・シリーズ、DAZNでは見れない日本シリーズまで放送されます。

スカパー②:月額料金がDAZNの倍以上

『スカパー!プロ野球セット』は月額4,075円(税抜)。

月額1,750円(税抜)のDAZNの倍以上の値段がかかります。

DAZNが、ナゼこの価格で提供できるんだ?って話ですが…

スカパー③:テレビ番組と同じ高画質&安定度

CSアンテナを使用するので、ほぼテレビ番組と同じクオリティで放送を楽しむことができます。

僕は仕事柄、スカパー!でセパ6試合を毎日のように見てましたが、映像が乱れることはほとんどありませんでした。

スカパー④:見るまでがちょっとメンドイ

スカパー!の申し込み手順がこちら。

  1. 視聴環境をチェック(※)
  2. 申し込みフォーム入力
  3. 支払い情報登録
  4. ちょっと待つ
  5. 視聴OK!

テレビの場合『CS161』(←視聴テストチャンネル)が映る環境であれば、公式サイトから加入申し込みをし、約30分程度で視聴可能です。

視聴には、CSアンテナが必要になります。
詳しくはスカパー公式『スカパー!を視聴するにはどうすればいいか』をチェックしてください。

スカパー⑤:『スカパー!オンデマンド』でスマホ観戦

スカパー⑤:『スカパー!オンデマンド』でスマホ観戦

スカパーのプロ野球セットに加入すれば『スカパー!プロ野球セットアプリ』も利用できます。

スマホでもプロ野球が生中継されるので、いつでも・どこでも観戦可能です。
この利便性はネット配信のDAZNにも負けないサービスですね。

\公式ページを見にいく/

DAZNとスカパー:プロ野球(2020年)放送の特徴まとめ

DAZNとスカパー!のプロ野球(2020年)放送の特徴まとめ

『DAZN』と『スカパー!野球セット』の特徴を、わかりやすく表にまとめました。

DAZNスカパー!プロ野球セット
料金1,750円※ドコモユーザーは980円(税別)4,075円(税別)
試合中継広島ホームゲーム除く11球団主催試合12球団全試合
画質通信環境に依存高画質、安定
無料期間登録から1ヶ月加入月
録画不可(見逃し視聴あり)

プロ野球(2020年)見るならDAZNがおすすめ

僕はスポーツ新聞記者という職業柄、『スカパー!』のヘビーユーザーでしたが、普通にプロ野球を楽しむならDAZN(ダゾーン)で十分。

『スカパー!野球セット』は、プライベートではオーバースペックかなと。

いつでもどこでもセ・パ12球団(広島主催試合除く)の試合を見られて、月額1,750円は他ではちょっと対抗できないですよね。

とりわけファンの多い巨人と阪神については、また違った角度で試合の視聴方法を比較してるんで合わせて、ぜひ!

DAZN〈無料体験を申し込む〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

プロ野球(2020年)見るならDAZN?スカパー?【元スポ新聞記者が解説】:まとめ

本記事を最後まで読んだあなたは、きっとご自身にあったプロ野球中継の視聴方法が見つかったハズ(^o^)

コロナの影響で今年は、プロ野球選手も調整が難しいシーズンになったと思います。
従来の開幕に合わせた体とメンタルを、もう1度作るって大変ですから。
そういう意味でも、今季活躍できる選手は”本物”かな、と個人的には考えています。

さあ、ビール片手に溜まった野球熱を放出しまくりましょう!

DAZN〈無料体験を申し込む〉
※31日間は無料視聴。一切の請求はありません

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました