SEO基礎の基礎

ちょっとGoogleアナリティクス⬇️覗いてみたら、誰かがこのブログを見てくれたみたい

うれしいけれど、まだその見られる価値がこのブログにはないだけに、申し訳ない気持ちも…

ブログ始めるならGoogleアナリティクスは必須みたいな事読んで、一応入れたという感じだけど、wordpressのプラグイン「jetpack」⬇️と何が違うんだ?

おいおい分析ツールについても調べてブログで書こうかな

SEOとは

1.見られないと

「今さら」って言葉嫌いです

その人にとっては「今さら」かもしれないけれど、他の人にとっては「今」かもしれないから

SEOです

日本語で「検索エンジン最適化」

Googleなどの検索サイトの検索結果に狙ったキーワードで出来るだけ露出させること、できるだけ上位に表示させること、です

ブログを書いても誰も見てくれなかったら寂しいし、虚しいです

日記でもない限り、これじゃ続きません

僕のように将来「ブログで稼ぐ」と決めた人はなおさらSEOは必須のスキルとなるわけ

どのように検索エンジンが情報収集するかの仕組みは、今テーマの本筋ではないため割愛します(というか知らん! これもおいおい書きます)

2.キーワードを狙え!

注意点は「SEO→検索流入を増やすこと」はイコールではないこと

あくまで「狙いのキーワード」で流入を増やすことです

闇雲にキーワードをたくさん使って流入させても、肝心の中身が無いもしくは内容がペラペラで読者の満足度が低くなると今後読んでくれない、なんてことになります

だからあくまで「狙ったキーワード」で、がSEOのキーワードです

SEOの今

1.グーグルだけじゃない

検索サイトと言えばグーグルと答える人が大半でしょう

実際、同じ検索エンジンを使用しているヤフーと合わせて9割がグーグルを検索サイトに使用しているそうです

まぁ現状グーグル対策=SEO対策となるわけだけど、少し情勢が変わりつつもあります

2.Bing

ウィンドウズユーザーなら知っている人も多いと思うけど「Bing」の需要が伸びているよう

というのも日本で人気を誇るiPhoneのSiriもこのBingを検索エンジンとしている(グーグルと仲が悪いのか?)

ウィンドウズを初期設定のまま使うユーザーや、音声検索の人気が高まっていることを考えれば、「Bing」は無視できない存在となっているわけ

ツイッターやインスタユーザーなら見逃してはいけないのがSNS検索です

ネット検索との一番の違いは、SNS検索は情報の鮮度を求めていること

「今」何が起こっているか、トピック性を求めている

検索ツールごとの特徴をとらえたSEO対策が、今は必要になっているわけです

3.SEOを意識した記事

1.見出し付け

では検索流入を増やすためには…いろんな書き方があるけど最も基本のキは記事に「見出し」をつけることです

改めて手に取ったらわかると思いますけど、本でも雑誌でも図鑑でも、ある程度内容が多いものになれば、巻頭に章(チャプター)があって、その章内に小見出しが付けらるという形で構成されてます

記事タイトル➡️章➡️章内小見出し➡️まとめ

ブログもこんな感じで、折々に見出しがあると検索エンジンも内容を把握しやすくなります

2.タグで“見つけてもらおう”

ブログの場合は記事タイトルを「H1」、章のタイトルを「H2」、章内小見出しを「H3」みたいにタグ設定をすれば、検索エンジンが記事の内容を把握しやすくなります

ワードプレスならブロックで見出しを選ぶと、上部にH2〜4がサクッと現れるので設定は簡単です

最後に

今回も鈴木利典さんの著書⬇️を参考にさせて頂きました

ワードプレス(cocoon)ってhtmlでシャカシャカコード打ち込まなくても、見出しタグで勝手に目次作ってくれるのね…めちゃ汗書きながらリスト作成でコード打ち込んでた(・_・;

というド素人な僕ですが、読者の方々と成長する「アクティブ・ラーニング」という名目のもとブログ書いていきます。

SEOを意識しまくって、大量アクセスを目指しましょう!

ではでは、では👋

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました