詳しいプロフィールはこちら>>>

退職代行はクズだと思っていたけれど…【経験して一変】

退職代行はクズだと思っていたけれど
とち
とち

産経新聞社サンスポ記者として

  • Jリーグ
  • プロ野球
  • オリンピック
    などを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在は独立して、いろいろ書きながら生きてます。

「退職代行って聞いたことあるけど、どうなんだろう…」「退職代行頼みたいけれど、なんか抵抗あるな」

こんな悩みに答えます。

実は僕も先日、15年勤めた会社に退社の意志を伝えたばかり。

まぁその手間というか、わずらわしさに「退職代行に需要があるはずだわ…」と納得しました。

それまで、なんか逃げてるみたいなクズシステムだと思っていましたけれど…。

今では、退職代行で人生を再スタートさせるのもありという考えに変わりましたね。

退職を考えている人は、検討する価値はあると思います。

\退職成功率100%!/
本記事の内容
  • そもそも退職代行って?
  • 退職代行はどんな人が利用すべきか
  • 退職代行オススメの3社

退職代行はクズだと思っていたけれど…

退職代行はクズだと思っていたけれど…

退職代行とは

これはそのまんま、退職手続きを代行してくれるサービスです。

どんな人が退職代行を利用すべきか

では、どのような勤め人が退職代行を利用すべきかというと、下記のような方たちかなと。

  • とにかく今、辞めたい人
  • 会社を辞めたいけど、上司が怖い人
  • 引き留められたら、意志を通せなさそうな人
  • 入社したばかり、異動したばかりなど職場環境的に言い出しづらい人

先日、こんなツイートをしました。

【めんどくさいは金になる】は有名なハナシです
仕事を辞める手続きって本当にめんどくさい
・上司との話し合い
・さらなる上司との話し合い
・保険や年金の手続き
・誓約書などへの印鑑連打
・会社への返却物 (※超一部)
退職代行は、必要が生んだサービスだと身をもってわかった

退職にまつわる一連の手続きで、最初にして最大の難関が「上司に伝える」ことでしょう。

お世話になった人ほど裏切る感じがして伝えにくいし、嫌な上司にはグチグチ言われそうだしと。

ただ後者で気おくれしている場合には、スパッとドライに『さようなら』しちゃった方がいいです。
悶々とする時間が、もったいないです。

僕も退職の決断には半年ぐらい悩みました。今になってみれば、悩んでいた時間がもったいなかった…。

引き継ぎ期間や残務整理が多くなりそうな人も、退職代行の検討はありでしょう。
退職が決まってからの職務は苦痛ですから…。

\退職成功率100%/

退職代行を行う会社【厳選3社】

退職代行を行う会社

退職代行はいくらかかるのか

有名どころは下記です。

1番有名なのがEXITでして、NHKや朝日新聞やYAHOO!など大手メディアからの取材実績も豊富です。

退職成功率が100%だから返金保証といった制度自体がないみたいです。

\退職成功率100%/

男の退職代行だったら転職お祝い金として最大「5万円」もらえたりとか、各社サービスを充実させていますが、どれも「会社を辞められる」意味では一緒です。

退職代行を利用する価値はあるのか

紹介した3社で27,000〜50,000円。

決して安くはないですが、退職にまつわる精神的ストレスと手続きを考えたら、こんなもんかなという感じもします。

ぶっちゃけ3万円ほどなら正社員であれば2日で稼げる額なんで、この3万円が惜しいという方は退職の意志自体が弱いのかもです。

退職代行なんてクズだと思っていたけれど【まとめ】

僕の場合は今回、自分の口で退職の意志を伝えて、その上で『退職代行ありかも…』という考えに至りました。

ただ代行業者に手続きを依頼するわけですから、イメージは良くないです。

礼儀を重んじる日本社会ですから、おそらく、社内では退職代行を使ったあなたのことはクソミソに言われますw

『こんなブラック企業に未練などない!』
『恩義を感じている上司・先輩もいない!』

という方に、おすすめしたいサービスです。

最後まで読んでやっぱり辞めたいなら

人気記事 DAZN(ダゾーン)の登録・契約方法を解説【プレーボール1分前で間に合う】

人気記事【2020年最新】アフィリエイトASPおすすめ7社【悩み無用

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました