転職は20代なら何度でもすべき!その理由と体験談

こんにちは、とちです。

最近「働き方」についてよく考えます。

ちょっと数年前には

死ぬほど働け!

なんて言っていた上司が、今や

しっかり休めよ〜

ですから…。

時代は変わったなと思うわけです。

なので今回は自身の職歴をちょっと振り返って、「転職」について私見を書いていこうかなと。

私は転職の専門家ではないので、あくまで1つの事例として参考になれば、と思います。

20代は嫌なら何度でも転職すべき

「20代は何度でも転職すべき」と、本当にそう思うんですよね。

終身雇用なんてとっくに崩壊してるんだから、1社に固執する理由なんて一つもないですもん。

そもそも大学を卒業して、何も知らないまま飛び込んだその1社目がビタッ!っと運命の会社だった、なんて起こりうると思いますか?

「大学時代に友人が多く社交的だった」という理由だけで営業に向いていると思いますか?

普通に考えたら、答えはわかりますよね。

どれだけ就職活動中にリサーチしようと、自己分析しようと、面接官に質問しようと、中で実際に働いてみないことには何もわからないんです。

リスタートが効く

20代のうちは何度でもやり直しが効くし、貴重な若さ溢れる時間をいやいや過ごすのは本当にもったいない。

何度でもチャレンジができる年齢なのだから、天職めっけ〜」と思えるまで「転職」をするぐらいの気持ちでいいと思います。

なかなか長続きせずに、経歴が不利に働くほど何度も転職を繰り返すことになったら、それはそれで一つの発見。

会社員には向いていないということでしょう。

個人で稼ぐ力を付けるか、会社を経営する側に回るか、他の選択肢はまだまだあります。

2度の転職を経てスポーツ記者に

私も2度、転職を経験しています。

まず大学卒業後、新卒で入ったのが兵庫県西宮市にある中堅デベロッパーでした。

大学時代から一人暮らしをしていた「西宮」という街が好きだったので選択したんですが、テレアポに嫌気がさし半年で退社。

次にKAWASAKIのバイクを主に扱っていた小さな広告代理店。

当時、そのKAWASAKIのバイクに乗っていた私は「これこそ天職!」と食いついたわけですが、社長とお局さんみたいな人が完全にデキていたのに引いて3カ月で退社。

しばらく、やさぐれた生活を送ったあとに、

スポーツ新聞でアルバイト募集の記事を見つけて、「読書とスポーツ好きな私なら今度こそ!」と飛び込んだのが今の会社です(2年目で正社員登用)。

3度目の就職で、もう今の新聞社にはバイト時代を含めて16年勤務しています。

スポーツ新聞の記者&編集が「天職!」なんて仰々しいことは言えませんが、それでもこれだけ長く続いたんだから“向いていた”んであろうことはわかります。

自分があのまま最初のデベロッパーで勤めていたなら、とは不思議と考えないんですよね。

だから、動いて後悔することは、動かない後悔に比べるとミジンコみたいなもんなのかな、と思います。

ただ、私が「動くべき」と口にできるのは、あくまで20代です。

30代になると私も経験がない(去っていった同僚は一杯いますが)ですし、「厳しい」との声が多いんで軽々な意見は避けます。

転職のヒントに

「いざ転職!」と決めたら、まず皆さん考えるのが転職サイトへの登録と思います。

リクルートやマイナビ、今で言ったらビズリーチといったあたりでしょうか。

各々の転職サイトの評判などはググれば1億サイトほど出てくると思うんで、私がまた書くこともないかな、と。

ですが、一つ視点を変えて「漫画」で参考になるものがあります!

「ドラゴン桜」の著者と言えばわかる方が多いと思うんですが、三田紀房さんが書かれた「エンゼルバンク」は転職を題材としています。

転職エージェントを主人公として、市場をとてもおもしろく、転職を目指す読者にも有益に描かれています。

まんがZERO」というアプリなら全巻無料で読めます。

全部読むのはめんどくさい…という方には

宮﨑大輔さんという方のサイト👇に詳しく紹介されてあったので参考にしてみて下さい。

最後に

いかかでしたでしょうか。

まだまだ日本社会に根強い「転職アレルギー」みたいなものが1ミリ、いや1ナノでも緩和できたら嬉しく思います。

今回はこの辺で!

ではでは〜👋

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました