WordPressでサブスク有料会員サイトを作る【会員ランク付き】

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る【会員ランク付き】

「コンテンツ販売を始めたいんだけど、会員をランク分けした月額課金のサイトを作ってほしい。スタンダード会員とスペシャル会員で見られるコンテンツが違うみたいなやつ」

こんな相談をクライアントさんから受けました。

(うげ、ややこし…)が内心でしたが、作りました^^;

今回はWordPressで作ったサブスク型有料会員サイトの制作過程を、備忘録的に書いていきます。

今回制作した有料会員サイトの主なポイントは以下です。

  1. 無料会員あり
  2. 有料会員ランク分け
    (スタンダードコース/スペシャルコース)
  3. ランクによりコンテンツ出し分け
  4. 決済はPayPal利用

ちょっとややこしい設計ですが、できるだけシンプルに説明します。

WordPressで有料会員サイトを作りたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:①全体像を描く

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:①全体像

まずサイトの全体像をつかむために、ユーザー(会員)の導線から考えました。

ユーザー(会員)の流れ

①無料会員登録

②登録IDとパスワードでログイン

③有料コースからランク選択

④決済

⑤選択したコースのコンテンツが見られる

ここから、この5ステップを構築する作業に入ります。

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:②WP Membershipを導入

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:②WP Membershipを導入

会員を種別ごとに管理できるプラグイン『Simple WordPress Membership』(以下WP Membership)を利用します。

①プラグインから新規追加⇒検索窓に「Simple WordPress Membership」と入力。

①プラグインから新規追加⇒検索窓に「Simple WordPress Membership」と入力。

②インストール⇒有効化を押す

②インストール⇒有効化を押す

これでWP Membershipを使う準備は完了です。

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:③ガシガシ構築する

WordPressでサブスク有料会員サイトを作る:③ガシガシ構築する

先に紹介した下記のユーザーの流れに沿って、WP Membershipを使って構築していきます。

ユーザー(会員)の流れ

①無料会員登録

②登録IDとパスワードでログイン

③有料コースからランク選択

④決済

⑤選択したコースのコンテンツが見られる

ユーザーが、この5ステップの導線を辿れるように設計していきます。

①無料会員登録の設定

まず無料会員登録のための設定をします。

なぜ無料会員登録が必要か? ですが、有料会員が退会した場合に属性がなくなってしまうからです。管理上の問題ですね。

1:レベルの追加

管理画面WP Membership→会員レベル→レベルの追加とすすみ、会員レベルに『無料会員』と入力します。

会員レベルを追加する

他はとりえあずスルーでOK。
『新規メンバーシップレベルの追加』ボタンを押して保存。

2:無料会員を有効に

一般設定で『無料会員を有効にします』に✔を入れ、『無料会員レベルのID』(会員レベルのタブで確認可能)に、割り当てられた数字を入力します。

無料会員を有効にする

 変更を保存を押して完了。

3:無料会員登録ページ

無料会員登録ページは、実は、WP Membershipをインストールした時点で固定ページに生成されています。(←神)
URL:ドメイン/membership-registration

無料会員登録ページ

『無料会員登録』のリンクを作り、上記のページに飛ばせばOKです。

②ログインページ

ログインページも、WP Membershipをインストールした時点で固定ページに生成されています。(←つくづく神)
URL:ドメイン/membership-login

ログインページ

1:メールでログインURL

ユーザーが登録したメールアドレスに、ログインURLが以下の文面で届きます。

登録完了メール

デフォルトは英語です。
ざっくり訳すと、
『登録ありがとう! あなたのIDとパスワードはこれこれで、下のリンクからログインしてくれよな』
ってことです。

2: メールを日本語に変える

WP Membership→設定→メール設定から、日本語に書き換え可能です。

以下の{ほにゃほにゃ}だけは、触らないようにしてください。

{first_name}:姓
{last_name}:名
{user_name}:ユーザー名
{password}:パスワード
{login_link}:ログインURL

ユーザーはメール内のログインURLをクリックし、登録IDとパスワードを入力しログインします。

③ランク分け有料会員の設定

今回の場合、2種の有料会員を作ります。

1:有料会員レベルの作成

WP Membership→会員レベル→レベルの追加から2つのレベルを作成。

会員ランク作成
スペシャルコース作成

それぞれ、会員レベル名だけ入力すればひとまずOK、保存を押します。

作成したランク一覧は、会員レベルタグから確認できます。

会員ランクの確認

④決済ボタンを作る

WP Membershipの決済ではPayPalかStripeか選択できます。

今回はPayPalでスタンダードコースに月額1,000円を設定するケースを例に説明します。

決済方法の選択

WP Membership→支払い→Create New Button→PayPal Subscriptionを選択。

支払い方式を選択

決済詳細設定

PayPalボタンの設定に移るので、必要事項を入力します。

支払い詳細設定

無料トライアル期間の設定もできます。
たとえば最初の10日間は無料みたいな。

請求サイクルカウントは、支払い回数が決まっているときに設定してください。

PayPalで支払いを受け取るには、PayPalのビジネスアカウントが必要です。

決済ボタンの設置

決済設定が完了したら、ショートコードが生成されます。
Manage Payment Buttonsタブ→ショートコードボタン

ショートコード生成

このショートコードを、投稿画面で設置したい箇所にショートコードブロックから貼ります。

プレビューすると…

今すぐ購読するボタン

はい、できてますね!

『今すぐ購読する』の文面が、販売するコンテンツに適さない場合はショートコードに『button_text=』を加えることで変更できます

この決済ボタンリンクから、ユーザーは下記のPayPalページにいき、支払い手続きを行います。

PayPal手続きページ

決済手続きが完了すると、会員ランクが付与されます。

⑤コンテンツの出し分け

会員ランクの種別ごとに、ページを出し分けます。

  • スタンダード会員→スタンダードコースページ
  • スペシャル会員→スペシャルコースページ

コンテンツの出し分けは、各投稿ページの下部『Simple WP Membershipプロテクション』から設定します。

閲覧レベルを設定

上位プランには、下位プランのコンテンツも含まれるのが一般的なので、今回のケースだとスペシャルコースには、スタンダードも含めるといいかなと思います。

2回目以降の有料会員のログイン

2回目以降のログインでは、
スタンダード会員→スタンダードコースページ
スペシャル会員→スペシャルコースページ
に直に遷移する設定をします。

  1. WP Membership→アドオン→After Login Redirectionを選択→インストール
  2. プラグインにSimple Membership After Login Redirectionが追加されるので有効化
  3. 会員レベルの編集画面下部にログイン後に遷移させるURLを入力する

まとめ:WordPressでサブスク有料会員サイトを作る【会員ランク付き】

まとめ:WordPressでサブスク有料会員サイトを作る【会員ランク付き】

以上が、WordPressでサブスク有料会員サイトを作る【会員ランク付き】でした。

あとは有料会員サイトなので、ランクのアップグレード方法や、退会の手続きといった説明ページも必須になってきますね。

本格的な課金会員サイトが作れるSimple WordPress Membershipですが、その分、使いこなすには相応のスキルが要るな、という印象です。

不明点があれば、お気軽にコメント欄、または問い合わせからどうぞ。

サイト構築のご依頼も承っております、ぜひ!