WordPressで多機能動画をアップロードする方法【YouTube使わない】

WordPressで動画をアップロードする方法【YouTube使わない】
tochiblog執筆者情報

あなたの抱える悩みが

  • WordPressサイトに動画をアップしたい
  • YouTubeを使わずに動画をアップしたい
  • 再生速度の調整とかいった機能性も欲しい

上記に1つでも当てはまるなら、読む価値のある記事です。

本記事で解決します。

本記事の内容
  • WordPressに動画をアップする方法は3つあるよ
  • YouTubeを使わず機能性を加えるプラグイン紹介
  • WordPressに動画をアップロードする際の注意点

本記事を読めば、あなたの用途に合ったWordPressへの動画のアップロード方法がわかります。

では、アクション!

WordPressに動画をアップする方法は3つある

WordPressに動画をアップする方法は3つある

WordPressに動画をアップする方法は、主に3つあります。

  1. 「動画」ブロックからアップ。
  2. プラグイン「Html5 Video Player」を使ってアップ。
  3. YouTube、Vimeoといった動画プラットフォームを利用する。

順番に手順を解説します。

①動画ブロックからアップ

まず投稿画面で、動画をアップしたい箇所にカーソルを合わせ「+」を押し、「動画」ブロックを選択。

まず投稿画面で、動画をアップしたい箇所にカーソルを合わせ「+」を押し、「動画」ブロックを選択。

アップロードを押し、動画を選ぶ。
(※最大アップロードサイズ: 50 MB)

アップロードを押し、動画を選ぶ。

動画ブロックで選べる機能は下記。

動画ブロックで選べる機能
WordPressにアップロードできる動画形式は4種類
  • Microsoftの動画形式 (asfやasx、wmv、wmvなど)
  • Appleの動画形式 (mov、qt)
  • Windowsの標準動画形式 (avi)
  • MPEG4形式 (mp4、m4v)

②プラグイン「Html5 Video Player」を使ってアップ

プラグイン「Html5 Video Player」を使うと、デフォルトの動画ブロックではできない、早送りや巻き戻し、再生速度の調整といった機能を追加できます。

Html5 Video Playerの利用手順を解説します。

1:プラグイン→新規追加→検索窓に「Html5 Video Player」と入力

1:プラグイン→新規追加→検索窓に「Html5 Video Player」と入力

2:インストール→有効化

2:インストール→有効化

3:Html5 Video Playerから「Add New Player」を選択

3:Html5 Video Playerから「Add New Player」を選択

4:動画設定をする

4:動画設定
Html5 Video Player設定項目
  • Source URL:動画のURL
  • Video Thumbnail:サムネイル画像
  • Repeat:繰り返し
  • Muted:消音
  • Auto play:自動再生
  • Player Width:動画の大きさ
  • Auto Hide Control:再生ボタンなどを自動で隠す
  • Restart Button:リスタート
  • Rewind Button:巻き戻し
  • Fast Forward Button:早送り

5:設定を終えたら、動画タイトルをつけ、Saveを押す。
ショートコードをコピーしておく。

5:設定を終えたら、動画タイトルをつけ、Saveを押す。

6;投稿画面でショートコードブロックを選び、コピーしていたショートコードを貼る。

6;投稿画面でショートコードブロックを選び、コピーしていたショートコードを貼る。

以上です。

③YouTube、Vimeo…動画プラットフォームを利用する

※YouTubeで解説します。(Vimeoの手順も同じです)

YouTube側で動画URLを取得。

YouTube側で動画URLを取得。

YouTubeブロックを選択し、先ほどコピーしたURLを貼る。

YouTubeブロックを選択し、先ほどコピーしたURLを貼る

WordPressに直接動画アップロードする際の注意点

WordPressに直接動画アップロードする際の注意点

ご紹介した①と②の方法でWordPressに直接、動画をアップロードする際に気をつけたいのは、動画の重さです。

これだけ覚えて帰ってください。

とにかく動画は重いんだ(-_-;)

たとえばiPhoneで撮った5分の動画で約200MBほどになります。(解像度720p)

大手レンタルサーバーのエックスサーバーを例にしますが、スタンダードな「X10プラン」で利用可能な1日の転送量は「150GB」です。

たとえば1つの記事にiPhoneで撮影した5分動画、200MB程度の動画を埋め込んだ場合、100人が再生すると20GBの転送量になります。

そうなると一日のPVが1,000以下でもサイトが落ちる可能性があります。


また転送量に収まっていても、サーバーに負荷がかかるため、全体の表示が遅くなる危険性もあります。

利用サーバーやユーザーの視聴環境に寄るので一概には言えないですが、僕の感覚的には10MBを超える動画、”もっさり”な印象です。

どうしても重い動画を使いたい場合は…

  • ファイル自体を軽量化(→動画ファイルを圧縮:VideoSmaller
  • YouTube、Vimeoといった動画プラットフォームを利用する

上記いずれかを検討してみてください。

では、素敵なムービーライフを🎵