仕事辞めたいのに我慢→無駄すぎたわ【実体験:3年をドブに捨てた】

仕事辞めたいけど我慢記事のアイキャッチ画像
tochiblog執筆者情報

あなたが下の悩みを抱えているなら、読む価値のある記事です。

空を見上げる人

「 仕事辞めたいけど、これが仕事ってやつで、もっと我慢が必要なのかな。もう限界が近いんですけど、、、」

上記の悩み、本記事で解決します。

本記事の内容
  • 我慢仕事が無駄と断言する理由は3つある
  • 「次がない」って自分を正当化してない?
  • 「辞め方」「次の見つけ方」を解説します

断言ですが、先に光がない、ただの我慢仕事は後悔しか生みません。

なんで分かるかって?

体験したからです。

僕は仕事を辞めたいのに我慢、我慢…で、結果3年を無駄にした阿呆アホウです。
先日、15年勤めた会社を退職しましたが、その時感じたのは開放感と同時に、下記の激しい後悔でした。

もっと早く辞めときゃ良かった〜 (T_T)

なぜ、あなたの ”その我慢” は無駄で、どうすれば解放されるのかー。

答えは、本文にあります。

※ 本記事はむやみに退職を勧めるものではありません。我慢の先に成長があるなら、しがみつくも一手。未来に光が見えない人だけ、進んでくださいm(__)m

仕事辞めたいのに我慢、我慢…無駄すぎた

仕事辞めたいのに我慢、我慢…無駄すぎた

辞めたい気持ちにフタをして、我慢しながら働き続けるのは時間の浪費です。

僕が前職の最後の3年が「ムダだった」と断言できる理由が下記3つ。

  1. 現職にどどまるラクさに甘えて成長なし
  2. 人間関係だけに日々ムシャクシャしている
  3. 仕事に身が入っていないから、得るものもなし

上記のとおり。
つまり成長がないんですよね。

楽しんでないから、「辞めたい」と後ろ向きな気持ちで仕事しているから。

この状態で3年勤務したんだから、僕はどうしようもない阿呆でございます。

動かぬ後悔より、動く後悔。

はよ動け、ですね。

「仕事辞めたいのに我慢」の要因は「次がない」の思い込み

「仕事辞めたいのに我慢」の要因は「次がない」の思い込み

「次の仕事がない」わけない

我慢の根っこは「次の仕事がない」でしょう。

でも「次がない」わけないんですよね。

めんどくさがって動かない自分を正当化していただけ。

実は「次」はいくらでもあります。
自分で作ります。

転職にせよ、独立にせよ、自分が動かなければ何も始まりません。

僕には他でアピールできるようなモノが何もない…

と考える人も多いようです。
果たしてそうでしょうか?

僕の好きな社会派ブロガー・ちきりんさんの著書から引用させてもらいます。

一流企業に10年以上も勤めながら「自分には市場で売れる特別な能力はなにもない。だから組織を離れたらやっていけない」と考える人がいます。
どんな分野でも10年働いたら「自分には売れるモノなど何もない」なんてことはありえません。

もしそう感じるのだとしたら、その人に足りないのは「価値ある能力」ではなく、「価値ある能力に、気がつく能力」です。

「マーケット感覚を身につけよう」より抜粋

うん、その通りだなと。

10年と言わず、今の移り変わりが激しい時代で3年も同じ分野で働いていたら、武器になると思います。

まず自分の「棚卸し」から始めよう、ということですね。

また自分の話で恐縮ですが、僕は新聞記者をやっていたこともあり、モノを書くことが好きでした。ただ、その価値には全く気づいていませんでした。「別に書くことぐらい誰でもできるやん…」と。
自分の”棚卸し”を進めているうちに、誰にでもある能力ではないことに気づいた感じです。

それでも「次がない」なら

それでも「次」が見つからない人は、下記3つを実践することをオススメします。

  1. 在職中にスキルを磨く
  2. 転職エージェントに相談する
  3. 辞めてから考えても遅くない(むしろ合理的)

順に説明しますね。

①在職中にスキルを磨く

在職中にスキルを磨く

代表的なところだと資格や副業でしょう。

副業は一度、自分で稼いだ経験を積むと、会社への依存心がグンと減ります。
「会社への依存度100%」みたいな人は、取り組んでみたら世界観が変わりますよ。

忙しい方でも取り組みやすい副業は、こちらの記事で詳しく解説してます。
» 【2021年】サラリーマン向けおすすめ副業11選【始め方解説付き】

②転職エージェントで”武器”を発見する

転職エージェントで”武器”を発見する

先ほどの”棚卸し”に通じるところで、「次がない」と悩む人は転職エージェントを活用してみましょう。
「転職エージェント」とは、そのまんま、転職をプロがサポートしてくれます。

僕は最大手のリクルートエージェントにお世話になりましたが、担当エージェントさんが経歴から”武器”を見つけてくれました。


自分では気づかない武器も、第三者、しかもプロなら見つけてくれる可能性が高まります。

③辞めてから考えても遅くない(むしろ合理的)

辞めてから考えても遅くない(むしろ合理的)

最後は、「そもそも論」ですが、辞めてから考えても遅くないんですよね。

実際に僕もストレスのかかる仕事をしながら転職活動をすると、ハードルが下がりすぎて、なんでも「良い仕事」に見える感覚がありました。

自分から退職を申し出た場合は、自己都合退職となり失業保険を受け取れるまでに3ヶ月の給付制限期間があります。
せめて3ヶ月無収入でも過ごせるだけの貯金は欲しいところです。
(※2020年10月から給付制限期間は2ヶ月となりました)
参考失業保険の仕組みについて(外部リンク)

言い方が変かもしれませんが、給付制限期間さえ乗り切れば、失業保険を受給しながら焦らず転職活動ができます。

辞めてから考えるというのは、一見行き当たりばったりに見えますが、実は理に適っていたりします。

上司が理由で仕事辞めたいのに我慢を続けているなら

上司が理由で、仕事辞めたいのに我慢を続けているなら

退職代行も選択肢

退職にまつわる一連の手続きで、最初にして最大の難関が「上司に伝える」ことでしょう。

僕もこの関門を越えるのに、激しく時間を浪費しました。

切り出せない人は「退職代行」という手も、アリだと思います。

聞いたことある方もいるでしょうが、「退職代行」とは、もうそのまんま「退職を代行してくれるサービス」です。

退職の面倒な手続きから解放されて、次のステップに専念できることは大きなメリットです。

退職代行の会社

需要の高まりもあって、退職代行サービスを提供する業者は増えています。

ただ、辞められる意味では、どこも一緒です。

実績のある退職代行業者5つを何が違う?退職代行5社を ”売り” で比較の記事で、比べたので参考にどうぞ。

仕事辞めたいのに我慢→無駄すぎたわ【実体験:3年をドブに捨てた】:まとめ

仕事辞めたいのに我慢を3年続けた阿呆の後悔【結論:はよ動け】:まとめ

何度も言いましたが、ただの我慢は時間の無駄杉クンです。

僕は「仕事を辞めたい」と思ってから、我慢、我慢で、実に3年もの時間を浪費しました。

どうぞ、反面教師にしてください。

本記事が「仕事を辞めたいのに我慢している」あなたの背中を押すきっかけとなれば、幸いです。

本記事で紹介した転職退職サービス
» リクルートエージェント

» 何が違う?退職代行5社を”売り”で比較【辞められるのは、どこでも一緒】