ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選【仕事の探し方も紹介します】

ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選アイキャッチ

産経新聞社サンスポ記者として

  • Jリーグ
  • プロ野球
  • オリンピック
    などを担当してきた『とち』(@blue_chikippaa)です。

真面目に、かるくが執筆信条。
現在は独立して、いろいろ書きながら生きてます。

今回はWebライティング初心者向けに、稼ぐために読むべき本を紹介しますね。

本記事の『Webライティング』は
【依頼を受ける→記事を書く→報酬を得る】
この定義で使います。

自分は絶望的に文章力がないんですけど・・・

といった方でも、大丈夫ですよ。

Webライターなんて言っても、みんな最初は初心者。
書きつつ学びつつ”肩書き”が染みていくもんですから。

ほぼ断言できるんですが、これからご紹介する3冊を読めば、あなたのWebライティングの基礎はできます。

僕は新聞記者なんて経歴柄、書くことには自信を持っていましたが、Webライティングに初挑戦したときは絶望しまくりました。”紙ライティング”とのあまりの違いに…。
だから、ゼロからですね、本を読んで勉強しました。

本記事では、学んだ文章力を生かすWebライターの仕事の探し方も合わせてご紹介しますね。

本記事の内容
  • STEP1
    Webライティングの基礎が身につく本3冊の紹介

  • STEP2
    Webライターとしての仕事を探す方法

本記事の内容は、そのままWebライティング未経験の僕が3万円稼ぐまでに踏んだ道筋なんで、再現性は高いです。

ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選

ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選

あれこれ読んでも内容が違ったり、単純にメンドイとも思うので、僕が厳選する3冊をじっくり、できれば何度も読んでほしいです。

ライティング本①:文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。

文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。

タイトルだけだと「おい、俺は本業までは考えてないぞ」とツッコミ入るかもですが、内容は初心者向けです。

Webライターは、何も書くことだけが仕事ではありません。

企画、調査、取材…多岐にわたるWebライター業務の息遣いが感じられる1冊です。

基本の文章法から、Webライターの仕事ぶりまで知りたい方にぜひ。

とち
とち

メディアへ提案する企画書の書き方とかも紹介されているんで、タイトルどおり実践的な1冊でもあります。

ライティング本②:新しい文章力の教室

新しい文章力の教室

日々、大量の記事を生産するニュースサイト『ナタリー』で行われている、ライター向けトレーニングが紹介されている本です。

誰でもでしょうが、せっかく書いた記事、最後まで読んでもらいたいですよね?

この『新しい文章力の教室』では、読者を”完読”へと促す文章法を教えてくれます。

あしからずですが、この本で紹介されているのは、手品みたいな技術ではありません。「てにをは」の使い方や「漢字&ひらがな」のバランス、、、つまり文章の基礎を積み上げて完読を目指す正攻法です。

ナタリーはWebメディアですが、この本はWebライティングに限定された話ではないです。

文章の基本の『き』から書かれているので、文字を書く人すべての骨子になる1冊かなと思います。

ライティング本③:沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティング

Webライティング教本としては、最も有名な1冊かもですね。

有名すぎて全く沈黙してないんで、リストから外そうかなとも考えたんですが、内容ファーストだと入れざるを得ない1冊です。

Webライターには欠かすことのできない、SEOライティングについて網羅的に学ぶことができます。

エス・イー・オー?

SEOとは

GoogleやYahoo!などの検索エンジンの評価を高めて、Webサイトがより多く露出されるためにおこなう取り組みです。

なんか難しそうと感じるかもですが、そのまんま難解であれば、僕は紹介しません^^;

この本は、みんな大好きマンガ形式。
ストーリーも、みんな大好き勧善懲悪です。

だから、ちょっと専門的なことも圧倒的にわかりやすいです。

とち
とち

超余談ですが、著者の松尾茂樹さん(@seokyoto)のTwitterライブにて、『主人公・ボーン片桐のモデルは?』と質問させていただいたことがあります。

  • 豪鬼(ストリートファイター)
  • 戸愚呂(幽遊白書)
  • 冴羽獠と海坊主(シティハンター)
  • スティーヴン・セガール

といったキャラクターを掛け合わせたとのご回答でした…納得(*´ω`*)

有名ライターの中には、ライティング本はこの『沈黙のー』だけ読めばいい、なんて方もいるぐらいの1冊。手にして損はないでしょう。

ご紹介した本は3冊とも良本ですが、残念ながら”読んだだけ”で文章力は向上しません。
実際に手を動かして、書いて、書いて、初めて身につきます。

その書く場所としては、やっぱりブログが1番かなと思いますね。
Webライティング(こちらは請負仕事の意)との相乗効果も、かなりありますし。

なにより、うまくいけばブログで稼げる(*´ω`*)

ブログの始め方は、以下の記事で詳しく解説しています。
>>>知識0からの副業ブログ始め方【月1万円プラスへの完全ロードマップ】

ライティング(Webライター)の仕事の探し方3つ

ライティング(Webライター)の仕事の探し方3つ

上記3冊を読んで自身に落とし込めていれば、もうWebライティングの基礎は出来上がっています。

もう後は、手を動かすのみかなと。

ここからは、いくつかある仕事の取り方をオススメ順でご紹介しますね。

ライティング仕事の探し方①:SNSで探す

SNSの中でも、テキスト主体のTwitterがWebライターの募集案件を探すのにいいですね。

【Webライター募集】とかで検索かければ、結構な数が出てきます。

SNSからライティング業務を請け負うメリット&デメリットも挙げておきますね。

【SNSでライティング業務を受けるメリット】
  • 高単価案件が多い
  • 気軽に探すことができる
  • 仲介手数料がかからない

デメリットとしては、ぶっちゃけ身元が怪しげな依頼主もいますので、こちら(受託側)の目利きも必要かなという部分はあります。法人として、しっかりサイト運営がされているかなど、慎重にチェックしてからコンタクトを取りましょう。

ライティング仕事の探し方②:クラウドソーシング

仕事を依頼したい側と受けたい側を結ぶマッチングサイトです。

代表的なクラウドソーシング会社は下記2つ。

この2社に登録しておけば、十分かなと。

上記2社に関しては、案件数や手数料などハッキリ言って大差ないです。ただ、最初から両刀使いはオススメしません。仕事を受ける上で重要な実績が分散しますので。

クラウドソーシングからライティングを請け負うメリット&デメリットはこちら。

【クラウドソーシングでライティング業務を受けるメリット】
  • 案件が豊富
  • 大手の仲介による安心感
  • 実績を重ねれば信頼性も上がっていく

デメリットはシステム利用料、つまり仲介手数料がかかります。

案件のジャンルによりますが、10〜20%ほどかかります。(1件1件ならさほどですが、量をこなすほど痛くなる^^;)

ライティング仕事の探し方③:ググる

これは、そのままですね。

SNS同様に【ライター 募集】と検索をかければ、ズラリとお仕事が出てきます。

【Web検索からライティング業務を受けるメリット】
  • 掲載メディアが分かる
  • 有名求人サイトからの案件もある
  • ライター募集のまとめサイトなどから効率的に探せる

デメリットとしては、案件数(サイト)が膨大すぎて探すのが正直しんどい(-_-;)

最低単価などの条件検索も、かけにくいです。

少しでも自分に合った業務を探すんだ、という根気強い人に向いている探し方かもです。

ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選【仕事の探し方も紹介します】:まとめ

ライティングで3万円稼ぐために読むべき本3選【仕事の探し方も紹介します】:まとめ

以上が、ライティング初心者が3万円稼ぐために読むべき本3冊と、ライターの仕事の探し方です。

では、おさらいしておきますね。

ライティング本3選
  1. 文章で生きる夢をマジメに叶えてみよう。
  2. 新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニング
  3. 沈黙のWebライティング
ライティング仕事の探し方
  1. SNS(Twitterがおすすめ)
  2. クラウドソーシング(ランサーズクラウドワークス
  3. ググる(Web検索)

本を読んでも、得た知識を生かさなければ文章力は向上しません。
なので、仕事の見つけ方もセットで紹介させてもらいました。

もう一度、おさらい的に言っておくと、ライティング力を磨く場としてブログは最適です。

「知識はついたかもだけど、いきなりライターの仕事は怖い」、、、という人の執筆経験にも、ポートフォリオにもなりますから。

ブログの始め方は、下記の記事を参考にしてください。
>>>知識0からの副業ブログ始め方【月1万円プラスへの完全ロードマップ】

あとはひたすら書くべし〜、です(^^)

今回はこの辺で👋

コメント待ってます!

タイトルとURLをコピーしました